家族

姫レシピ、晩御飯だってシェアしたい!〜白菜と手羽元の簡単煮込み

家庭は社会全体で共有し、
育むもの。

これまでそれぞれの家で
それぞれ作り上げるのが
”当たり前”だったかもしれないけれど、

これからは地域、
いや…社会全体で
作り上げるものに変わってきますよ。

昔テレビではやった
「突撃!となりの晩御飯」という
番組をご存知ですか?

リポーターのヨネスケが
夕ご飯の時間に
なんの前触れもなく
おうちにお邪魔して、
今日の晩御飯を拝見!という
人気番組でしたね。

この番組大好きだったんですが、
何が面白いって
そのうちのご飯て
本当にそれぞれで、
自分と同じものはなくて、
家それぞれにある文化を
感じることができることでした。

ちなみに、我が家は
食事にはこだわりがある父の元

・小分けの料理のみOK
→大皿料理は”行儀悪い”

・甘辛の味付けはNG
→味をごまかせるからww

・レトルト冷凍食品絶対NG
→自分が粗末に扱われると思うから
(だと思う)

と、こだわりがあり、
父がいる晩御飯はたくさんのおかずが
小さな小鉢に入って
彩豊かに出されていました。

母は大変だったと思います。

でも、その番組を見ると
晩御飯にうどん!
晩御飯にレトルトカレー!!
と、我が家にはないものが出てきて

「そうだよね、家の数だけ
ルールがあるものね」

と自分の家が当たり前じゃないことを
感じたものでした。

と、このように
一昔前までは
隣の晩御飯も
わからなかった時代です。

でも、今はSNSがあり
私生活が丸わかり!

全然知らない人の晩御飯を
普通にFBのタイムラインで
当たり前のように
見ることができる時代ですね。

それまで個でバラバラだったのが
インターネットで
横につながる。
そんな時代です。

ならば、家庭は社会全体で
作り上げるものかもしれません。
自分の家庭だけで
無理に完結させようとしないこと。

もし家事が苦手ならば、
得意な人に任せましょう。

献立メニューを考えるのが
面倒だったら
好きな人にお願いするといいですよ。

自分が好きなことに注力すると
エネルギーが上がって
周りにも波及し、
楽しいエネルギーが拡散します。

私はベビーシッターと
料理の代行をお願いした結果、

子供との時間が増えて
料理が一層好きになり、
色々な料理にチャレンジする
私を見て夫が喜ぶという
好循環が生まれています。

心にゆとりが出てきて
家族時間を大切にした結果、

自分自身の楽しみのために
例えば伊勢神宮参拝や
京都行きも応援してくれる現実が
やってくるようになりました。

子供は5・4・1歳で
まだまだ手がかかりますが、
それでも家族は
快く送り出してくれます。

家庭は
社会全体で共有し、育むものです。

情報をシェアし、
苦手なところはお願いして
自分が好きなところを担当する。

一つ一つの家庭は社会の縮図。
それぞれの家庭が元気になれば
社会全体も活気づく未来が
やってくると思いませんか?

さて、昨日は
ある方がSNSでシェアしていた
美味しそうなおかずを作りました。

これね、めっちゃおすすめ!
簡単で経済的、野菜がたっぷりとれて
家族が笑顔になります。

主催するオンラインサロンで、
身近な人を幸せにするレシピを
共有していますが、
このレシピも
ノミネートしようと思います。

姫レシピ
 〜みんなでシェアするおうちごはん】

1)白菜1/4をざく切りにする
2)鍋に1)を入れる
3)手羽元8本を入れる
4)水を入れずに蓋をして弱火で煮る
5)塩をふる

蓋の重い鍋なら20分くらい。
白菜から水分が出るので水は入れないで!
スープも美味しいです。

お野菜たっぷり
どうぞ召し上がれ☆

突撃しなくても
となりの晩御飯を
知ることができる時代に乾杯!

家庭は社会全体で共有し、育むもの

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから