オンラインサロン

オンラインサロン、コミュニティが流行る今思うこと

「打ち合わせはこれからスカイプを使おう」
「使い方は動画に撮ってyoutubeにアップしたよ。
オススメのカメラとマイクも教えるね」

 

私がWeb仲間と繋がる場オンラインサロン、
”コミュニティ”を
立ち上げ、運営を始めたのは
2011年、今から7年前のことだった。

 

Webネタを一緒に話す仲間が欲しかった。
当時Webを学びに通っていた専門学校の
卒業生と在校生を繋げ、
卒業生からは業界情報を、
在校生からは学校で学ぶ最新技術を
シェアできればみんなハッピーだろうと
思ったからだった。

 

コミュニティを運営するにあたり
立ち上げ当初から支えてくれた男性がいた。
その男性が、冒頭の通り
色々な最新技術をシェアしてくれた。

 

当時、スカイプと一緒におしえてくれたのが
チャットワーク。
「メールの”埋もれる”欠点をカバーしてくれる
新しいツールだよ」と教えてくれた。

 

スカイプもチャットワークも
当時私の周りで使っている人は
いなかったと思う。

 

彼の教えてくれることはどれも斬新で
私はすごいな〜と思っていたが、
中でもそんな彼がこれから流行る!と
言っていたのが
”コミュニティ”だった。

 

人はどんなに技術が発達しても
つながりを求めるし、
これからはつながりを作れないと
物も売れない。

 

私は、自分が立ち上げた
”コミュニティ”がそんなに
すごいものとは最初わからなかったが
7年経った今になって
その言葉の深さを感じている。

 

 

”コミュニティ”を運営して気づいたことは
「人」が集まるところに
お金が生み出されるということだった。

 

集まった人の要望を形にすれば
それが商品になる。
なにも、商品は最初からなくてもいい。

 

例えば、昔の商売は
軒先に商品がないとお客様が来た時に
売れるものがないので、
ビジネスにならない。

 

でも、今は違って
集まった方の声を聞いてから
商品を作り、販売すると
それがそのままビジネスになる。

 

もっと言うと、
なにが商品=キャッシュポイント
になるのかは最初はわからない、
ということだ。

 

つまり、「お客様の声」を拾える場が
”コミュニティ”なので、
ビジネスの視点から考えると
「お客様」を繋げる場は
どんな業界業種でも
その規模の大小に関わらず
必須なんだと思う。

 

現在複数の”コミュニティ”を
運営しているけれど
繋がりの場をデザインできるのは
とっても楽しい!!
この楽しさややりがいは
やっぱり言語化していきたいな。

 

もしかしたら
それがだれかの
これからのお役に
立つことになるかもしれない。
自分の経験が人様のお役に立てたら
ありがたいな〜と思う。

▼現在運営しているオンラインサロン関連の記事はこちら

★プロフィール★

あなたの人生ストーリーをお金に変える。時給から使命給へ。星野紘子です。

幸せな家族を増やすため、家庭を持つ女性が圧倒的に豊かになる使命給という働き方を伝えています。女性が家庭:仕事=7:3で月30万円を稼げる仕組みを持つことと、家庭を育む力を応援してます。

秋に開校予定のオンラインビジネススクール、オンラインサロン「姫プロジェクト」を主催。

プライベートでは小学生・年長・3歳の男の子を絶賛育児中。趣味は料理、緩やかなグルテンフリー生活、また日常のひと工夫でマイルを貯めてあちこち飛行機に乗って旅をするのが好きです。

★使命給の世界を学んでみませんか?★

【無料メール講座】
時給から使命給へ。
生きる姿がお金になる働き方7つのステップ

まずは詳細をご覧ください。
こちらから