オンラインサロン

オンラインサロン、コミュニティが流行る今思うこと

「打ち合わせはこれからスカイプを使おう」
「使い方は動画に撮ってyoutubeにアップしたよ。
オススメのカメラとマイクも教えるね」

 

私がWeb仲間と繋がる場オンラインサロン、
”コミュニティ”を
立ち上げ、運営を始めたのは
2011年、今から7年前のことだった。

 

Webネタを一緒に話す仲間が欲しかった。
当時Webを学びに通っていた専門学校の
卒業生と在校生を繋げ、
卒業生からは業界情報を、
在校生からは学校で学ぶ最新技術を
シェアできればみんなハッピーだろうと
思ったからだった。

 

コミュニティを運営するにあたり
立ち上げ当初から支えてくれた男性がいた。
その男性が、冒頭の通り
色々な最新技術をシェアしてくれた。

 

当時、スカイプと一緒におしえてくれたのが
チャットワーク。
「メールの”埋もれる”欠点をカバーしてくれる
新しいツールだよ」と教えてくれた。

 

スカイプもチャットワークも
当時私の周りで使っている人は
いなかったと思う。

 

彼の教えてくれることはどれも斬新で
私はすごいな〜と思っていたが、
中でもそんな彼がこれから流行る!と
言っていたのが
”コミュニティ”だった。

 

人はどんなに技術が発達しても
つながりを求めるし、
これからはつながりを作れないと
物も売れない。

 

私は、自分が立ち上げた
”コミュニティ”がそんなに
すごいものとは最初わからなかったが
7年経った今になって
その言葉の深さを感じている。

 

 

”コミュニティ”を運営して気づいたことは
「人」が集まるところに
お金が生み出されるということだった。

 

集まった人の要望を形にすれば
それが商品になる。
なにも、商品は最初からなくてもいい。

 

例えば、昔の商売は
軒先に商品がないとお客様が来た時に
売れるものがないので、
ビジネスにならない。

 

でも、今は違って
集まった方の声を聞いてから
商品を作り、販売すると
それがそのままビジネスになる。

 

もっと言うと、
なにが商品=キャッシュポイント
になるのかは最初はわからない、
ということだ。

 

つまり、「お客様の声」を拾える場が
”コミュニティ”なので、
ビジネスの視点から考えると
「お客様」を繋げる場は
どんな業界業種でも
その規模の大小に関わらず
必須なんだと思う。

 

現在複数の”コミュニティ”を
運営しているけれど
繋がりの場をデザインできるのは
とっても楽しい!!
この楽しさややりがいは
やっぱり言語化していきたいな。

 

もしかしたら
それがだれかの
これからのお役に
立つことになるかもしれない。
自分の経験が人様のお役に立てたら
ありがたいな〜と思う。

▼現在運営しているオンラインサロン関連の記事はこちら

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから