家族

子供は親とは別人格、コントロールしないこと

私と手を繋ぎ、
二人で電車に乗って40分ほどかかる
皮膚科に行くときの4歳のお兄ちゃんは
とても頼りになります。
電車で騒ぐこともなく
「ママ、喉が渇いたらお茶かお水を飲んでね」
お腹が大きい私を色々と気遣う優しさも。

ところが、年子の弟と一緒だと一変。
弟がお気に入りのベビーカーを取り合い
自分が座ると張り合って一歩も譲りません。
ライバル視wwww

年子と言えども力関係は歴然。
お兄ちゃんにベビーカーを取られた弟は
抱っこーーーとせがみ
14キロ超えの3歳児を抱っこして
歩かないといけないのは大変です。

私はこんなお兄ちゃんにイライラして
「自分の足で歩きなさい」
「小さな弟にベビーカーを譲ってちょうだい」
と怒るという風景は昨日も見られましたww

このイライラの感情の裏には
「年下の弟のベビーカーを譲って当然」
「母親の言うことは聞くべし」
と言う頭で考えている思考があります。

さらにそこから、
「親のことは聞いて当然」
と言う色眼鏡をかけていることがわかります。

と、ここまでくると
・本当に4歳の子供って親の言う通りにするかな
・自分の意思を主張する年頃だよね
・私は4歳児がわかるように説明したかしら
と、自分がかけていた色眼鏡を疑うことに。

他人はコントロールできないとわかっていても
ついつい自分の思い通りになると思ってしまう。
特に子供だと自分の意見を
頭から押し付けようとする自分の
傾向がわかり、反省してしまいました。

子供も他人。
別人格を持っている。
当たり前だけれど、母親と一体ではないwww

当たり前だけれども
ついつい忘れがちな大切なことに
気づいた昨日の昼下がりでした。

目指しているのは、女性が、家族に応援されて、自分の楽しみのために旅行にいける社会を作ること。

・子供を預けることに罪悪感があった
・自分を優先にできなかった
・本音を口に出すことができなかった

これは自分自身に向き合い、持っている価値観を丁寧に掬い取り、一つひとつ深く掘り下げていった過程を経て、初めて「自分の人生を生きている」と感じる出来事でした。

「女性が、家族に応援されて、自分の楽しみのために旅行にいける社会を作る」とは、私自身の経験から、自分の人生を生きる女性たちを象徴的に表しています。

メルマガはそんな私が日々感じること・学んだこと・ビジネスのこと・子育てやパートナーシップのことを日々お届けしています。

家族に応援され、自分の旅行を楽しむ私になるメルマガ
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス