働き方

新型コロナウイルスが運ぶ幸せ

子育てママを、時給から存在給へ
姫ism 星野紘子です。

人が幸せを感じるのは
誰かと繋がり・絆・一体感を
感じている時です。

新型コロナウイルス騒動は、
これからどう暮らしていこうか
どう働き方を変えようかと
家族で話し合うとてもいい機会かも
しれません。

身近なコミュニティの
絆が深まれば
人は幸せを深く感じます。

コロナ騒動がきっかけに
より深い幸せを感じる
人が増えたら嬉しいですね。

22日に行った
100人イベントでも
お話したのですが、
もう働き方を変えるのは
まったなし。

出勤というスタイルを取らなくても
オンラインで収入源を
確保する働き方へのシフトが
必須の流れになりそうです。

でもいきなりオンライン化しても
即暮らしを支えるほどの
お金になるわけではないので、
しばらくはこれまでのお仕事と
ハイブリットがいいと思うのですね。

ちょっと考えてみると、
これまでは
旦那さんは旦那さんの働き方、
自分は自分の働き方を
割と個人ベースではありませんでしたか。

でも、これからは
働き方は最小のコミュニティベースで
デザインするもの。

最小のコミュニティとは
今一緒に住んでいるご家族だったり、
ご結婚していたらパートナーです。

そのコミュニティの中で
どうやって役割分担、
ハイブリッドを作っていくか。

例えば、我が家のように
夫は公務員(リアル)
私はオンラインみたいに
家族で収入源を分散するといいですよね。

もちろん一人で
リアルとオンライン化の
二刀流もありです。

考えてみると、
今まで家族や最小コミュニティ単位で
暮らし方や働き方を
話し合う機会って
あまりなかったのではないでしょうか。

新型コロナ騒動が
今後家族がどうありたいのか
働き方はどうデザインしたいのかを
話し合うきっかけになるといいですね。

思わぬ副産物!

人が幸せを感じるのは
誰かと繋がり、その中で
一体感を感じている時です。

話し合いをきっかけに
身近な人との絆が深まると
嬉しいです。

あなたは
働き方の「リアル×オンライン化」を
家庭の中でどうデザインしますか?


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら