セミナー

ビックウェーブに乗りたい方へ

子育てママを、時給から存在給へ。
姫ism 星野紘子です。

昨晩セミナーにご参加いただきました
皆様、どうもありがとうございます!!

開始時間には100人の方が
お集まりいただきまして
なんていうか..
感無量でした。

「ピアノの発表会の舞台袖みたい」

セミナーが始まる直前、
私の記憶はピアノの発表会の
出番直前の舞台袖。

次出番だよね。
ドキドキする。
でも始まったらもう
普段通りすればいい。

今更ジタバタしても
仕方がないわ。

これまで自分がやってきたことを
今ここで披露するだけ。
平常心よ、平常心。

zoomで100人の前で
話するのは初めてだった私は
何度も練習してきた
司会のメモ帳とにらめっこ。

静かに始まるのを
待っていました。

時間になり始まると
緊張していたのが
嘘のように、
スーッと冷静になれた自分がいました。

うまく話す必要はない。
しっかり伝えるように話そう。
意識を伝えることに集中した結果
自分でもびっくりするくらい
楽しい時間になりました!!

終わった後は高揚感。
興奮して寝られず
今日は寝不足です..

新型コロナウイルス騒動、
自分が100%コントロール
できることに集中しましょう。

東京オリンピックがどうなる?
このウイルスは人工的なもの?

そうね、気になるのは
わかりますよ。
私も気になります。

でも!ここを気にしても
私たちの暮らしは何一つ変わりません。

私たちは大切な人を
守るために
今こそ自分ができることに
集中するべきですよね。

では、私たちが
100%できることは
なんだと思いますか。
少し考えてみてくださいね。

人生が前に進まない時、
それは多くの場合で
自分がコントロールできないことに
エネルギーを注いでいます。

私も経験がありますが、
他人をどうにかしようとしたり、
(夫を自分の思う通りに
コントロールしようとしたり)

考えても仕方がないことを
いつまでも考えたり。

例えば、誰かの評価ばかりを
気にして、目の前のことに
集中できなかったりです。

エネルギーを注ぐのは
そこではないですよね。

エネルギーを注ぐべきは
例えば、
コツコツ発信を続けていく努力をしたり
早寝早起きをして
免疫力を高めることをしたり、
積み上がることを継続して
自己肯定感を高めたりすることです。

意識をコントロールできることに
集中する大切さを
イベントでは
お話しいたしましたよ。

さて、このイベントなのですが
たくさんの方が
支えてくださったのです。

何事もそうですが、
大切なものは見えないもの。
当日見えない部分で
盛り上げてくださった方たちこそ
本当の意味で主役だと思っています。

どんな舞台も、
表に出る人だけで
できるものは皆無。

照明係がいて、音響係がいて
会場を整備してくださる方がいて
成り立つものです。

22日のイベントに関しまして
特に3名の方に多大なご尽力を
いただきました。

Special thanks to

・Ryu Syoさん
・除村梨沙さん
・斎藤友紀さん

ビジネス講座で
ナビゲーターとして
受講生の皆様を導くお手伝いを
して下さる大切な仲間であり、

私たちが気づかないような
視点でイベントがうまくいくように
アドバイスをいただきました。

いち早く紹介もしてくれて
とっても嬉しかったです。

おかげさまです、
どうもありがとう!!

話は戻ります。
とにかく、いろいろな不安要素が
これからもたくさん流れてくるでしょう。

その中で
何が100%自分がコントロールできるのか、
コントロールできないことは
手放すことを大切にしてくださいね。
エネルギーと時間の無駄ですから。

コロナ以後、これまでの
暮らしに戻ることはありません。
であるならば、新時代の波に乗りましょう。
このメルマガでは
引き続きそのヒントをお届けします。

ビックウェーブに
乗りましょう。

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから