大切なこと

志ファースト、条件セカンド

時短にしても、在宅勤務にしても
自分の「志」が向かうベクトルが
今の職場にあわなければ
活力溢れる未来を創ることはできませぬ。

今日、お仕事で世田谷区に行きました。
場所は松陰神社前。
時間が少しあったので、
松陰神社に行きました。

松陰神社はその名の通り
吉田松陰のお墓がある所です。
多くの志士に影響を与えた
偉大な教育者ですね。

そこにあった書籍をパラパラと
立ち読みしていた時、
大きな気づきがあったのです。

それは、
人が生きる上での
最初のステップは
「志」をしっかりと持つことが
大事、ということです。

「志」は私のイメージでは
大きなながーいベクトルです。
まず、このベクトルをしっかりと持ちましょう
と偉大な先生は書かれていました。

1年前私は会社員を辞めました。
その時、こんなことを思いました。

「会社さえ辞めれば未来は明るい」
「時間と場所が自由な働き方をすれば解決!」
「時間が自由になったら、もっと
子供達と一緒に豊かな時間を過ごそう」

今、子供達を保育園に預ける時間は
会社員時代とさほど変わりません。

場所も自由ではありますが
未来を変えるほどではありませんでした。

会社員を辞めれば、つまり就労条件を
変えれば未来は変わる、ということは
なかったのです。

働き方を考える時、
どうしても条件を見てしまいますよね。

・時短勤務
・在宅勤務
・16時以降は仕事しない
・週3日勤務

でも、本当に未来を変える働き方をするには
もっと根本的に大事なことがあると思うのです。

それが、「志」です。

・何のためにあなたは仕事をしますか
・誰のために
・何で私が?

この「志」ありき、で
次が条件面なのですね。

順番を逆にしてしまうと
もやもやの程度が変われど
もやもやそのものは消えませぬ。

活力に満ち溢れた未来に変える働き方をするには
一旦立ち止まり、
自分がどんな「志」を持っているのか
知ることが
大事だと思うのです。

「志」ファースト、条件セカンド。

「志」っていい言葉ですね。
好きな言葉が一つ増えました。


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら