女性起業

ハマると愛されるたった一つの理由

子育てママを、時給から存在給へ。
姫ism 星野紘子です。

土曜日夜20:00。
私の心ときめく時間がやってきます。
淡い恋心を抱き
一週間はこの人に会うために
あるようなもの。

ワクワクして
ドキドキして
もうたまらなく好きな時間です。

私が恋したお相手は
「新さん」。

時代劇
『暴れん坊将軍』の
主人公です。

徳川8代将軍
徳川吉宗がその人で、
火消しのめ組
辰五郎のところに
お忍びで居候している時が
「新さん」と呼ばれていました。

設定は貧乏旗本の
三男坊でしたっけ。

剣の達人で
毎回安定のかっこよさ。
番組の冒頭では
白馬に乗って登場。

海岸を疾走する姿などは
もう惚れ惚れするくらい好きでした。

主演は松平健。
はまり役でしたね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そういえば今日
こんなことがありました。

長男次男は戦隊モノが大好き。
でもいつも一話ばかりを
録画で見ているのです。

「他のお話は見ないの?」

「うん、他のお話は
ドキドキするから怖いの」

どうやらハラハラドキドキは
見ない理由になるようですね。
ちょっと新鮮でした。

毎回同じ話の流れは
受け取る人に安心感を与えます。

これは情報発信でも同じこと。
タイトルがあって
日常のストーリーがあって
気づきがあって
最後は決め台詞。

「情報発信は水戸黄門と同じだ。毎回同じでいいんだよ。相手は安心するんだ。印籠が毎回出てこない水戸黄門、見たいかな」

毎月1回学ばせていただいてる
経営塾で教わりました。

同じで退屈なのでは?と
思うのは書き手だけ。

ドキドキハラハラは
一種の刺激、
たまにはいいけれど
いつもだとちょっと疲れちゃう。

逆に受け手はいつも同じ型だと
安心するのですよね。
それは相手から「気力」を
奪わない配慮なのです。

今日もお読みいただきましてどうもありがとうございます。
いつも頑張るあなたを応援しています。


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら