ひとりごと

ネット時代の良妻賢母

シッターさんや家事サポートをスマホ探し、家事育児を一人で抱えない。
また、ポイントサイトでマイルを貯めて旅行にいく。(カタカナ多い^^;;)
 

働き方は自分で創ります。時間と場所の自由を受け取り、
好きな人のために、好きなことでお金をいただく。
 

遊びを学びに、学びを仕事に、仕事を遊びに。
暮らしの中で境界線がなくて、
自分が生きていることがお金になる働き方を
インターネットを使って創ります。
 
 
 
収入と余暇の時間は比例して増えていく。
 

また、一方で効率化を手放すことも大事です。
例えば子育て。親ができることは選択肢を与えること。
決めるのは子供。人と向き合うのは、
子供に限らず効率化とは無縁の世界ですものね。
 
 
家庭に中に季節のお花を取り入れたり、
一手間かかる料理を作ることも大事。
大切にしたいのはバランス感覚かな。
 

子育て中のお母さんも、1人の女性として輝ける。
家庭も仕事も本当の意味で両立できて
自分にお金と時間を投資できる女性。
 
 
 
豊かで光溢れる女性が家庭にいることで
さらに家族のパワーが上がり、みんなニコニコ。
 
 
 
家庭ではパートナーシップを第一に考えて、
夫にエネルギーを注ぐ。
受け取りさらに循環できる王妃様マインドを
大切にして、いい意味で男女の違いを楽しむ。
 

そんな子育て中の女性を
ネット時代の良妻賢母と名付けましたよ。
 
 
 
自分の目指す理想を言語化していたら
エネルギーが上がってきました笑
楽しいな〜。

目指しているのは、女性が、家族に応援されて、自分の楽しみのために旅行にいける社会を作ること。

・子供を預けることに罪悪感があった
・自分を優先にできなかった
・本音を口に出すことができなかった

これは自分自身に向き合い、持っている価値観を丁寧に掬い取り、一つひとつ深く掘り下げていった過程を経て、初めて「自分の人生を生きている」と感じる出来事でした。

「女性が、家族に応援されて、自分の楽しみのために旅行にいける社会を作る」とは、私自身の経験から、自分の人生を生きる女性たちを象徴的に表しています。

メルマガはそんな私が日々感じること・学んだこと・ビジネスのこと・子育てやパートナーシップのことを日々お届けしています。

家族に応援され、自分の旅行を楽しむ私になるメルマガ
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス