働き方

育児と仕事は両立するもの、は嘘?

家事育児と仕事って両立というよりも、本質は同じものなんだな、というのが最近の気づきです。
 
 
もともと家庭に閉じこもっているのは向いてなくて、料理以外の家事はできればそこは外注したくて、そこにかかる試算費用2000万円を自分で稼ぐ目標額にしているくらい^^
 
 
 
でも、子供ができて、妊婦になり、外で働けなくなって家で仕事をし始めたことがきっかけで、家庭と仕事の両立という視点で大きく認識が変わりました。
 
 
 
それは、自分が自由にのびのびとしようと思えば思うほど、家庭や家族に寄り添い、向き合うことが大事だということです。 

 
○家庭も仕事も本質は同じ

あのね、仕事と家庭というのはもともと対立するものでもなくて、本質は同じなんですよ。
 

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:

目の前の人に自分ができることを精一杯する
 
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:
 
 
家庭であれば、それは愛という形で返ってきますし、仕事であればお金という形で返ってくる。自分の心のキャパシティがコップの水が溢れるように満たされた先にある、「与える」というステージに行くことができれば、その相手は家族でもお客様でも同じです。
 
 
 
仕事と家庭と育児というのは分離しているものではない。家で良妻賢母(=目の前の人に自分ができることを精一杯する)であれば、仕事で活躍することもできます。その境はボーダレスです。
 
 
○良妻賢母を再定義すると・・ 
 
 
イマドキの良妻賢母とは、自分を後回しにして家族のために働くことではありません。相手が誰であっても、目の前の人に対して自分ができることを精一杯ギフトできる人のことですよ。
 
 
そして、愛も富もしっかり受け取り、自分が豊かになる。それって、最高でしょww
 
 
家庭と育児、仕事の本質は同じです。両立しよう、どちらかをショートカットしようとすると分離するけれど、そうじゃない。
 
 
与えて受け取る。
 

シンプルにそれだけじゃないかなと思っていますが、あなたはどう思いますか?
 

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから