大切なこと

今の生活を変えるたった一つの方法

「もっとこういう将来を描いている」
「今のライフスタイルを変えていきたい」
誰しも現状を変えようと思ったことはあると思う。
そんな時、何を最初にしたいいのだろうか。

 

私にはこんなことがあった。
どうしても正社員になりたくて、
どうしても産後も働きたくて
福利厚生が充実している会社に転職活動をした。

 

そこに至るまで、
専門学校に通ってITの知識を学びなおしたり、
実際に仕事をいただき
自分のスキルを上げて行ったりと
自分なりにお金と時間をかけてきた。

 

そして、念願叶って育休産休の制度が
しっかりと整った会社に再就職する。

 

でも、、、
結局そこを手放すことになった。

 

私はお給料とか福利厚生、
会社からの待遇といった
スペックばかりを追いかけていたので
だんだんと仕事が苦しくなったのだ。

 

自分のやりたいことはほんとうにこれだろうか。
この仕事に自分の大切な時間を投資して
このまま行っていいのだろうか。

 

条件ばかりを追いかけたばかりに
そもそも、
「誰のために」
「何を」
「なんで私が?」
という仕事に向き合う
本質的なところが抜け落ちてしまった。

 

人生を歩んでいると
一度や二度はこういう経験はするだろう。
でも悩むこともないのだと思う。
その時手放せばいいのだから。
もちろんそれは怖いし勇気がいる。
しかし違和感を感じて生きるのではなく
小さな自分に生じる心の異物をしっかりキャッチし
そこで得た学びを携え感謝とともに手放していこう。

 

今のライフスタイルに何かしらの小さな違和感を
感じていることがあったら
その感覚は大事にしたい。
ほんのわずかなものかもしれないけれど
結局その差異を感じ取れるかどうかが
現状を変えるステップの前兆だと思う。

 

そして、その前兆をキャッチしたら
一旦立ち止まり、
心の部分で必要がないと知ったら
手放してみたい。
両手両脇、口の下に抱えたまま
次へは進めない。
一旦手ぶらになり
新ためて必要なものを手にする
強さが欲しい。

 

今の生活を変えるたった一つの方法は
違和感を感じている
今執着している過去の異物を手放すこと。
明るい未来は
その先に待っているのではないだろうか。


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら