働き方

仕事が嫌でないなら正社員を手放さない努力をしよう

仕事と育児、家事の両立に悩む女性は多い。
誰しも一度はもう会社を辞めようと
思ったことがあるのではないだろうか。

 

仮にもしその仕事が嫌でないなら、
つまり、会社を辞めたい理由が
家事や育児との両立に悩んでいるだったら
継続する方向で対策を考えるのが
大切な選択肢であると私は考えている。

 

私は子育てとの両立に悩み正社員をやめた。
でも、辞めてから感じたのは
もしその仕事が嫌でないなら
正社員の地位は手放さないほうがいいということだった。

 

「子供との時間をもっと確保したい」
「家庭のことにもっと時間を割きたい」
「小さな年子の子育てと家事の両立と会社員は難しい」

 

そのときは育児と家事の両立ができず
この先の将来を悲観し、
こんなに忙しい自分が嫌で
子供たちと接する時間が短い自分を責めていた。

 

今上の子供が3歳になって感じることなのだが
子供はなんだかんだで成長し大きくなる。
大変なのは0歳〜3歳で
それから先は手はかからなくなる。
だとしたら、最初の3年間を
あらゆる努力をして
育児家事の外注を視野に入れ
乗り切る方法を考えるのは大切な選択肢ではないか
ということだ。

 

女性は一旦正社員を辞めてしまうと
復帰は今の日本ではかなり厳しい。
子供たちが大きくなったら
再び社会にでようと思っても、
仮に組織で働くことを望んでも
パートや良くても契約社員が関の山だ。

 

正規と非正規は
生涯年収が一億円違うと言われている。
最初の3年間に
ベビーシッターや家事代行で
育児と家事を外注したとしても
十分ペイできると思う。

 

もちろん、これからは時代が大きく変化をし
今いる会社がいつなくなるともわからない。
正社員といえどもそこ一本に依存するのは
リスキーではあるが、
重要な収入源の一つであることには
違いない。

 

女性が自由になるには
経済的な基盤が不可欠だ。
選択肢との一つとして
「正社員を継続する」
があってもいいな、と思う。

 

お金は多少かかっても
お母さんの精神が安定するならもうけもの。
そのくらいの気持ちで
家事育児を他力に頼ろう。

 

色々な策をやってみた結果
辞める辞めないを今一度考えてみたらどうだろう。
辞めるのはいつでもできる。
どちらにも正解はないが、
いまの環境で最大限の努力をしてみるのは
後悔しない選択をするコツかもしれない。

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから