Web

私がハマった、情報発信でビジネスをする時の落とし穴

数字は人生の数である。情報発信をしていると、自分のフォロワーやメルマガ読者の数、お友達の数を数字としてみてしまいがちですが、本当はそこには生身の人間がいます。ついつい忘れがちになる、この落とし穴にハマってしまいました。

 

こんにちは、ナチュラル・ウーマンCEOほしのひろこです。家庭の時間が増えるほどお金が増える、女性としてナチュラルな生き方をお届けしています。

昨年8月より独立してお仕事をし始めてから、週末に一週間の活動を振り返ることを習慣としています。昨日先週の履歴を見てみると、自分の活動履歴の一つの指針としているフォロワーやお友達の数、メルマガ読者数があまり増えていないと知りました。

さて来週はどのようにしてこの数字を伸ばしていこうか。あれこれ考えていたのですが、ふと自分の思考が数字の推移ばかりを追っていることに気がつきました。

「どうやったらこのフォロワーの数字が増えるだろう」
「もっと増えたらいいのにな・・・」

・フォロワー、お友達の数、メルマガ登録者様は多く持つべき
・数を増やすことはいいことだ

こんな色眼鏡で仕事をしていたことに気付いた時に、少し戸惑ったんですね。

表現としては数字であることには違いないのですが、それは生身の人であるはずです。

私は人であることを一旦忘れて上部の数字だけを追っていました。

そもそも今、私は周りの人に価値提供できたのか。

その振り返りのはずがいつの間にか数字を増そうとすることにエネルギーを注いでいました。

確かにパソコンに向かえばその先にはデジタルな世界が広がっていて、人の顔は見えません。

でもパソコン画面の先には血がかよった人間がいるということを私は一瞬でも忘れていたと思うと、ここは大きな反省点です。

1という数字には1人の人間の人生があり、それが奇跡的なつながりで今私の元に1と表示されている。

この重みを忘れないようにしようと思いました。

 

 

人を大切にする。目の前の人に心を込めて誠実に接する。それはリアル・ネットの世界関わらず、人に愛される秘訣です。

人に愛される人はお金にも愛されます。家族との時間が増えるほどお金が増える、ナチュラル・ウーマンになるにもこれは外せない視点ですね。

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから