オンラインサロン

埼玉川越の城下町を散策して気付く、未来は○○で出来ていること。

Be Lady
Be Colorful!
姫であれ、カラフルであれ。

自分の本音を大切に、
言葉で表現することで、
人生をデザインしていく
女性の在り方。

そんな令和を軽やかに生きる
女性たち【姫】の視点や
その世界観【姫ism】を
お届けしています。

習慣の力は大きいですね。

なぜなら、毎日の暮らしは
小さな習慣の集合体だからです。

さらに、未来は
毎日の積み重ねの先にあります。

そのように考えると、
小さな習慣が未来を創っていると
言っても過言ではありません。

今日は、経営塾の同期と
お会いしてきました。
場所は、埼玉県川越市。

川越は、小江戸と呼ばれ、
江戸時代の情緒あふれる街です。

徳川家ゆかりのお寺や、
蔵造りの通りもありました。

蔵造りの通りには電柱がなく、
風情溢れてとても良かったです。

また、スタバも和風でした!
和風のスタバ、初めて見ました。

一瞬、スタバだってわからなかったです。
ロゴを何度も見直して、

「あ〜、本物だ」

て思いました(笑)

さて、今日お会いした同期は
ウォーキングのプロです。
早速わたしは歩き方を
レクチャーしていただきました。

わたしの癖は、

・歩幅が狭く、バックバランス
・足をスリがち
・足の指先を使えていないため、
変なところに力が入り、ふくらはぎが張る

早速フォローする簡単な
エクササイズや
ウォーキングの時に
意識することを教えていただきましたよ。

「歩く」を正しいフォームに
直していくと、
体脂肪レベルも落ち、
美脚になれるそうです。

「歩く」という毎日の習慣を
味方につけている同期の
足は柔らかい筋肉が美しく、
姿勢も良く、
モデルさんみたいなんですね。

わたしも「歩く」を見直して、
毎日を変えていこうと
思いました。

習慣の積み重ねは大きいです。
知らず知らずのうちに
自分に染み付いた癖のようなもので、
気がつくと
自分は習慣でできていると知ります。

未来が毎日の積み重ねた
先にあるとするならば、
未来は日々の習慣で
できています。

そんな習慣の力を
味方につけようとデザインしているのが
オンラインサロン
「姫」プロジェクト。

例えば、
なんとなく通り過ぎる
自分の失敗パターンにフラグを立て
意識する習慣を提唱しています。

なぜなら、女性のプロとして
人生を謳歌するには
運を味方につけることが必須で、

運を味方につけるためには
しくじり体験をストックし、
何度もその穴に落ちないように
することが大切だからです。

せっかくですので、
サロンでシェアをして
人のしくじり体験も自分事にするという
効率の良さもww

ただなんとなく通り過ぎる
日常の一つ一つの動作を
ちょっと意識のアンテナを立てることで
毎日は随分と変わってくるでしょう。

気づくか気づかないか。
ここだけですね。

「姫」プロジェクトが
別名、開運サロンと言われる理由は
習慣を味方につける仕組みがあるからです。

オンラインサロンの詳細はこちら
ご興味がある方はメルマガへ。
(メルマガのみでご案内しています)
お読みいただくだけでも
色々と気付きがありますよ。

小さな習慣が未来を創っています。

あなたは
朝早起きですか?
夜は遅いですか?
ご飯はしっかり食べていますか?

子供と話す時に
スマホいじりながら
話していませんか?

しっかり目を見て
話し合う習慣にしたいですね。

普段通り過ぎがちな
当たり前の自分の行動に
アンテナを立ててみてください。

きっと何か一つは
変えたいなと思うことがあるはず。
あれば、今日から変われば大丈夫。

このお届けしている記事が
小さな変化のきっかけになるなら、
こんなに嬉しいことはありません☆

またお便りしますね!

小さな習慣を意識する♡


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。お仕事を優先すると育児がおそろかになる。」「母親ならば、「仕事よりも育児を大事にしなければならない」という価値観
子供の成長に合わせて、その時ベストな働き方をしたい」

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら