お金との付き合い方

お金の話。オンラインサロンの価格秘話をどうぞ。

時給から存在給へ。
姫ism 星野紘子です。

価格とは、相手の覚悟を引き出すもの。
自分が相手にどうあって欲しいのか、
あり方を表現するものなのです。

昨晩は、オンラインサロンの
月1交流会でした。
温かい時間を過ごしました。
満たされましたよ〜。

今月の幸せ、
最近のビジネス事情、
マイブーム、
これから挑戦するイベント、
楽しかったことなど
今ここのご自身をお話しいただきました。

姫プロ、何がすごいって
日本語だけではなく、
フランス語
ドイツ語
英語
上海語
北京語
台湾語
がサロン公用語?だということ。

なんてグローバル!
世界基準です。
地球人歓迎、
そんなレベルでしょ。

それだけの言葉が共存する
ということは
それだけ多彩な文化があるということです。

多種多様が繁栄の源泉。
違っていい、
むしろ違ってください。
いつもそうお伝えしています。

さて、そのオンラインサロンなのですが
10月からリニューアルするにあたり
価格を改定しました。

入会金&初月
39,800円
月額4,980円(税抜)

今日はお金のお話、ということで
なぜこの金額なのか、
背景ストーリーをお届けしますね。

サービスを提供する際の
価格ってどういう意味があると思いますか?

それは、
相手の覚悟を引き出すもの
なんです。

「この場に関わるのに、
これくらいコミットしてください」
というメッセージがお金なのです。

例えば、
私はサロンの入会金&初月を
39,800円(税抜)に設定しています。

これは、

「身近な人に、
自分がすることをお話しして
応援されてからきてください」

というメッセージを込めています。

子育てママが、
日常のやり取りの中で
40,000円を出すというのは
やはりハードルが高いし、
それを家族に話す額だと思うんですね。

10,000円くらいなら
こっそり今月の食費から出すことも
できましょうが、
流石に40,000円ですと
家族へお話があると思うんです。

「自分からこれから歩みたい未来を
身近な人に話してくださいね」

だから、私はこの価格にしています。
だってね、
身近な人に応援されない人は
自分でお金を生み出すことは無理だから。
私の経験上、これは断言できます。

隠れて、コソコソ来て欲しくない。
私は、そう願います。

また、月額会費なのですが、
これは総務省のデーターから、
日本人の平均年収を算出し、
さらに一ヶ月の暮らしにかかるお金を計算、
そこから子育てママが
自由に使えるお金を考えたところ、
10,000円〜15,000円程度だと
考えました。

そこでね、
せめてその1/3は自分の
未来に投資して欲しい!という
メッセージを込めてこの額にしています。

大体5,000円です。
子供の習い事くらいでしょう。
子供に投資する前に、
女性は自分の未来に投資して欲しい。

ママの生きる姿は
そのまま子供の生きる姿です。
未来に対する責任は絶大ですよ。

だから、5,000円です。

あなたがご自身で
価格をつけるとき
是非参考にして欲しいなと思います。

その価格に
どんなメッセージを乗せるのか。
結果、どのくらいの覚悟を持って
きていただきたいのか。

ここ、大事です。

追伸)リニューアル情報はメルマガで公開します。

あわせて読みたい
お便り拝見!お金のことあれこれ(続)時給から存在給へ。 姫ism 星野紘子です。 連日メルマガにご感想をいただいております。 とっても嬉しいです〜。 ありがとう...

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから