お金との付き合い方

お金は○○を表現するもの

昨晩は子供達を寝かしつけて
20時にそのまま寝落ち….
今朝は起きたら3時30分でした。

そこからシャワーを浴びて
体操をして
開けた窓から差し込んでくる
朝陽を浴びながら
このメルマガを書いています。

玄関を開けてみると
風が通り
昼間の灼熱の暑さを
忘れるくらい涼しいです。

寝室に行くと
子供達が思い思いの格好で
ぐっすり寝ています。

一日のうちで至福の時間が
あるならば
この時間なんですよね。

家族がまだ寝静まっていて
街もまだ静か。
朝陽を独り占めをして
好きなことをしている時間。

早起きは三文の得と言いますが
三文どころか
百万両の得ではないかな。

お金は○○を表現するもの

新しくご登録いただきました方から
メッセージをいただいております。
嬉しいです><

↓↓↓  ここから ↓↓↓
========================
以前○○○のランチ会でお会いしました。
気になっていたのですが、
何故か今日フェイスブックでお見かけして、
読んでみたくなりました。
よろしくお願い致します。

========================

ありがとうございます♪
最近、リアルでお会いした方が
後からメルマガにご登録
いただくというケースが多くて

本当にありがたいなと
思っているんですね。

メルマガを通して
交流ができると嬉しいです。
こちらこそ
どうぞよろしくお願いいたします!

このところ夏バテで
次男が体調不良です。

息子たちは3人保育園に
通っているのですが
全員バラバラ。

1人が体調不良で
保育園にいけないと
家を出られないので
流石に2カ所の保育園を
回るのは難しいんですね。

そこで、今回は
思い切って送迎を
ベビーシッターさんに
お願いすることにしました。

長男をお迎えに
行ってもらうことにしたのです。

送迎を頼むのは
初めてでしたので
大丈夫か心配したのですが
長男はウキウキしながら
シッターさんと帰ってきました。

「子供の世話は
親じゃなければならない」

とっくに緩めた価値観のはずなのに
やっぱり時々顔を出します。

それで、送迎をお願いしたら
長男は喜ぶし、私は大助かりで
本当にありがたくって
感謝しかなかったんですね。

お支払いするときも
ありがとうございますー!!!
と感謝の気持ちで
一杯になりました。

お金を払うときに
どんな気持ちを乗せるのか。
これはね、
お金のイケメン神様に愛される
大きなポイントなんですね。

あなたが愛する
イケメン神様、
殿は愛する姫のために
尽くすのが本懐です。

姫の役割はたった二つです。
一つは、投げられたボールを
受け取ること。
二つは、感謝をすること。

お金のイケメン神様も殿方です。
自分でお金を使うと決めたなら
受け取り感謝をしてください。

「げ…..
この1万円、今月最後!!!
払ったら今月もうお金がない…..」

「高いよね〜、
もっと安いところがあればいいのに。
でも仕方がないからこれ買おう」

お金を自分で使おうとしているのに
文句を言うという…
あはは…私はよくありました。

この思考ですとね、
払ったお金にばかり
フォーカスがいってしまう。

お金というものは二つの側面があり
払ったものの代わりに
必ず手に入れているものが
あります!

今回の私の場合ですと

お金を払った代わりに
送迎をしてもらったという
価値をいただきました。

お金はね、見えないものを
しっかり受け取ることができるかどうかが
とても大事なんです。

払ったお金ばかりに
フォーカスしないこと。

イケメン神様に

「○○してほしいな〜」

と可愛くおねだりして、

「よっしゃ、
愛する女性の
ためなら叶えるぞ!」

と頑張ってくれたのに
感謝をしない。

自分がかけた労力ばかりを
口にする女性ってどう思いますか?

お金は払った代わりに
受け取ったものは必ずあります。

目に見えない
受け取ったものに
意識を向けてみてくださいね。

恋愛もお金も

「自分が…自分が…」

とならないこと。
受け取っているものに
感謝の気持ちを乗せられるかどうか。

お金とは
感謝を表現するもの
なんです。

お金の見方が
少し変わってくださったら
嬉しいです!

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから