お金との付き合い方

人気ダイエットの先生から学ぶ「お金に愛される3つの秘訣」

3月から始めた
産後ダイエット。
卒業まで最終コーナーを
回りました!

3/15日
第三子を出産して
2ヶ月後に初めて測った時から

体重△12.2キロ
体脂肪△12.3%
くびれ△15.8センチ
ヒップ△12.6センチ

くびれが出来てきました♪
第二の人生が
始まりそうです(笑)

知人の紹介で始めた
ダイエットなのですが
体重が落ちるということ以外に
たくさんの気付きや学びがあります。

中でもどうしてこの先生が
ほぼ口コミと紹介のみで
お仕事が絶えずに
ずっと愛されているのか。

その理由を考えてみると
ナチュラル・ウーマンに必要な
お金を最高のパートナーにするエッセンスが
散りばめられていましたので
ご紹介します。

1.お客様を産後ママに絞る

骨盤ダイエットは様々な人が
受けにくるジャンルですが、
この先生はお客様を
産後のママだけに
絞っています。

そのため、産後ママに特化した
細やかなサービスの設計が
可能になっています。

例えば訪問スタイルに
特化していることも
そのうちの1つかと。

生まれたばかりの赤ちゃんを
連れての外出は大変ですし、
出産後すぐに出かけるのは
体型や体調の変化から億劫なもの。

自宅に来ていただけると
それだけでありがたいですよね。

お金の視点で考えると、
お客様を明確に絞る。
人間関係を自分で選んでいる
ということです。

お金というのは
ビジネスの最上位ではなくて、
一番大切なのは、
その場の気の流れ、
高いエネルギー状態です。

それは関わる人をデザインすることで
コントロールできます。
誰でもいいわけではなくて
自分で来てほしい人を
デザインしています。

2.データを基にした記録重視

ダイエットを始めると毎食食べたものと、
寝た時間、飲んだもの、
朝晩の体重を記録します。

この記録がとても大事なんですね。
私のデーターは、
私と同じような体型の方の
参考データーになり、
後から続く方のために
循環する仕組みになっています。

お金の視点で考えると、
コツコツと積み上げたものを
元に次の策を立てるスタンスです。

一発逆転で結果を出そうと
しているのではなくて
日々小さなことの積み重ねの先に
大きな結果を得られる
ビジネススタイルなので
外れがありません。

3.卒業生を無料で招待して
楽しんでもらう会を作る

ダイエットには先生が
独自で編み出した卒業の基準があり、
クリアした人が無料で招待される
特別なママ会があるそうです。

私はまだ卒業生の基準を
クリアしていないのですが、
やっぱり細くなって
いきたいんですよね。

頑張って結果を出した人には、
ご褒美がある(笑)

先生は
「みなさんのおかげで私があるから」と
おっしゃるのですが
そういう在り方が
人気の秘密ではないでしょうか。

お金の視点で考えると、
「循環」を大切になさっている
とわかります。

お仕事でいただいた
売り上げの一部をとっておいて
結果を出した方へお返しをする姿勢は、

お金を「循環」させることが
ますます口コミで
お金を生んでいることを
表していると感じました。

いかがでしたか?

一番のポイントは
1に書きましたとおり、
まず関わる人を自分で
デザインされていること
だと思うのです。

いいお客様は
いいお客様を連れて来ます。
口コミや紹介で来られた方で
変な人はいないと先生も
おっしゃっていました。

お金よりも先に
関わる人をデザインすること。

私がダイエットを通して学んだ
ナチュラル・ウーマンになる
大切な視点です。

★プロフィール★

生きる姿が人を魅了し、本当のお金持ちになる使命給ビジネスをお伝えしています。

本当のお金持ち、本当に裕福な生き方を実現する起業家を増やします。

オンラインビジネス構築の伴走8年、オンラインサロン運営11年。

正社員で働いていたのですが、育児休暇明けの家事育児・仕事の両立に挫折、お金を稼げない自分に全く価値を見出せなくなりました。

本気で働き方を変えようと藁にもすがる思いで始めた情報発信、そこから試行錯誤を繰り返しオンラインビジネスの仕組み作りの体系化に成功しました。

この経験を踏まえて、様々な方の経営のオンライン化に携わる中で見出した本当のお金持ち、本当の豊かさを探求するビジネスモデル、使命給ビジネスをお伝えしています。

プライベートでは小学生・年長・3歳の男の子を絶賛育児中。趣味は料理、緩やかなグルテンフリー生活、また日常のひと工夫でマイルを貯めてあちこち飛行機に乗って旅をするのが好きです。

★使命給の世界を学んでみませんか?★

【無料メール講座】
時給から使命給へ。
生きる姿がお金になる働き方7つのステップ

まずは詳細をご覧ください。
こちらから