お金との付き合い方

人気ダイエットの先生から学ぶ「お金に愛される3つの秘訣」

3月から始めた
産後ダイエット。
卒業まで最終コーナーを
回りました!

3/15日
第三子を出産して
2ヶ月後に初めて測った時から

体重△12.2キロ
体脂肪△12.3%
くびれ△15.8センチ
ヒップ△12.6センチ

くびれが出来てきました♪
第二の人生が
始まりそうです(笑)

知人の紹介で始めた
ダイエットなのですが
体重が落ちるということ以外に
たくさんの気付きや学びがあります。

中でもどうしてこの先生が
ほぼ口コミと紹介のみで
お仕事が絶えずに
ずっと愛されているのか。

その理由を考えてみると
ナチュラル・ウーマンに必要な
お金を最高のパートナーにするエッセンスが
散りばめられていましたので
ご紹介します。

1.お客様を産後ママに絞る

骨盤ダイエットは様々な人が
受けにくるジャンルですが、
この先生はお客様を
産後のママだけに
絞っています。

そのため、産後ママに特化した
細やかなサービスの設計が
可能になっています。

例えば訪問スタイルに
特化していることも
そのうちの1つかと。

生まれたばかりの赤ちゃんを
連れての外出は大変ですし、
出産後すぐに出かけるのは
体型や体調の変化から億劫なもの。

自宅に来ていただけると
それだけでありがたいですよね。

お金の視点で考えると、
お客様を明確に絞る。
人間関係を自分で選んでいる
ということです。

お金というのは
ビジネスの最上位ではなくて、
一番大切なのは、
その場の気の流れ、
高いエネルギー状態です。

それは関わる人をデザインすることで
コントロールできます。
誰でもいいわけではなくて
自分で来てほしい人を
デザインしています。

2.データを基にした記録重視

ダイエットを始めると毎食食べたものと、
寝た時間、飲んだもの、
朝晩の体重を記録します。

この記録がとても大事なんですね。
私のデーターは、
私と同じような体型の方の
参考データーになり、
後から続く方のために
循環する仕組みになっています。

お金の視点で考えると、
コツコツと積み上げたものを
元に次の策を立てるスタンスです。

一発逆転で結果を出そうと
しているのではなくて
日々小さなことの積み重ねの先に
大きな結果を得られる
ビジネススタイルなので
外れがありません。

3.卒業生を無料で招待して
楽しんでもらう会を作る

ダイエットには先生が
独自で編み出した卒業の基準があり、
クリアした人が無料で招待される
特別なママ会があるそうです。

私はまだ卒業生の基準を
クリアしていないのですが、
やっぱり細くなって
いきたいんですよね。

頑張って結果を出した人には、
ご褒美がある(笑)

先生は
「みなさんのおかげで私があるから」と
おっしゃるのですが
そういう在り方が
人気の秘密ではないでしょうか。

お金の視点で考えると、
「循環」を大切になさっている
とわかります。

お仕事でいただいた
売り上げの一部をとっておいて
結果を出した方へお返しをする姿勢は、

お金を「循環」させることが
ますます口コミで
お金を生んでいることを
表していると感じました。

いかがでしたか?

一番のポイントは
1に書きましたとおり、
まず関わる人を自分で
デザインされていること
だと思うのです。

いいお客様は
いいお客様を連れて来ます。
口コミや紹介で来られた方で
変な人はいないと先生も
おっしゃっていました。

お金よりも先に
関わる人をデザインすること。

私がダイエットを通して学んだ
ナチュラル・ウーマンになる
大切な視点です。

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから