姫理論

ラブレターを書きました

こんにちは。
ほしのひろこです。

いつもお読み下さる皆様、
感謝の気持ちでいっぱいです。

自分の人生を生きる
女性の生き方、
「姫」の視点や思考を
お届けしています。

昨日のメルマガに
たくさんの方から
お返事をいただきました。

どうもありがとうございます。
ホント、ここが私の
モチベーション。

感謝しかありませんね☆

ではそのうちの一つを
ご紹介いたしますね。

↓↓↓   ここから ↓↓↓

==========================

ひろこさんこんばんは
今日も興味深く拝見しました。

>でも、無視していたのは、
>夫と息子ではなく
>私自身だったとわかりました。

ここなんですよね。
私を満たして欲しいと心の声が
叫んでいるのに、
それを自分で無視している。

そうか!何だか深いなと思いました。
 
 
私は子育てで
育児は育自という言葉にとても共感していました。
子育てを通して親として子供達に育てて貰ったと思ってます。
私が今もより良くありたいと思えるのも子供達に負けられない。
いつも背中を見なさい!と言ってあげたいという思いが強いです。(なかなか思う様にいかない事も多いです^^;)それでも)その思いだけはいつまでも持っていたいと思うのです。
 
実は父が私を褒めてくれたのはその一点だけでした。子供思いの母親だと(喜んで良いのか悲しむべきところなのか、、無いより良い^ ^)
 
母として?人として?
この対比どう捉えたら良いのか
父だけでなく私も母親としての自分にしか価値がないと思っているのか?
と問いをたてたくなりました。

====================================

>私は子育てで
>育児は育自という言葉に
>とても共感していました。
>子育てを通して親として
>子供達に育てて貰ったと思ってます。

とっても共感します!
子育てとは、自分を育てること。
子供は身近な存在だけに、
感情を揺さぶられることが多いですよね。

感情を揺さぶられるということは
そこに自分の価値観が
隠れているわけです。

例えば、子供を置いて
出かけることに罪悪感を
感じたとします。

「子供を置いて外出したい!」

という本音があるにも
関わらず、
頭の声が

「いやいや…
 子供を置いて母親が
外出なんてすべきでないよ」

と押さえつける。

このギャップが

罪悪感

です。

だから、罪悪感というのは
自分の本音を見つける
大切なサインなんですよね。

このように、
子供は身近な存在だけに
自分の本当の姿を
教えてくれるんですよ。

だから、母さんは
どんどん自由になれます。
本当の自分を知ることが
できるからです。

ですので…

>子供達に育てて貰ったと思ってます。

本当にその通りだと
私も思います☆

>いつも背中を見なさい!と
>言ってあげたいという思いが強いです。

>それでもその思いだけは
>いつまでも持っていたいと思うのです。

子供は親の背中を
よーーーく見ていますからね。

親の言うことは聞かないけれど
親の背中はしっかり見ている、と
以前読んだ育児書に書いてありました。

子供は親が思っているよりも
はるかに多くのことを
知っていますよね。

>実は父が私を褒めてくれたのは
>その一点だけでした。

あ!ここのなのですが
「一点しかない」と
表現してはいけませぬ。

「一点ある」ですよ。

同じ物事を見るときに
「ない」と見るのか
「ある」と見るのか。

これはめちゃめちゃ
大事です!!!

「父に認めてもらったのが1つしかない」

ではなくて、

「父に認めてもらったことが1つある」

全然違いませんか?

>私も母親としての自分にしか
>価値がないと思っているのか?

母親というのは
あくまでも被っている
一つの仮面にすぎません。

母親の前に「女性」ですよね。

女性は本来、
そこにあるだけで価値がある
存在なんですよ。

新しい命を宿し
育むことができる女性は
昔から存在そのものが神でした。
(子供がいるいない、という狭義な
 話ではありませんので、念のため)

ただ、そこにあるだけでいい。
そこにあるだけで価値がある。
それが女性のあるべき姿です。

なぜ、母親としての
自分しか価値がないと
思われたのでしょうか?

これはぜひご自身と
向き合って欲しいです。

そこにはどんな価値観があり、
さらに、その先には
どんな欲求がありますか?

↓↓↓   ここから ↓↓↓

=============================

追記

子供達は全く疑いのない澄んだ瞳で私のことを信頼し切ったように見つめてくれました。
そんな瞳に嘘をつく必要はありませんでした。

恐れる事なく愛を捧ぐ事が出来ました。

こんな私のことを誰が信頼してくれたでしょうか?
そして、私は?自分の事を信頼していたの?
人に信頼されない私を私は信頼していたの?
人から信頼されない私に価値はない
ではなぜ?信頼されなかったの?
両親の思い通りにならなかったから?

我慢して我慢して言いなりになってそしてどうにも我慢ができなくなって呆れられて信頼されなくなった。

初めから自分はこうしたい!
両親の意見に従いたくない!

言えたら良かったのに

私はあまりに我慢しすぎて
自分の声も聞こえなくなっていた?

これも 又

問いをたてたくなりました。

===========================

>こんな私のことを誰が信頼してくれたでしょうか?
>そして、私は?自分の事を信頼していたの?
>人に信頼されない私を私は信頼していたの?
>人から信頼されない私に価値はない
>ではなぜ?信頼されなかったの?
>両親の思い通りにならなかったから?

とてもいいですね。
この調子で
どんどんご自身を深掘りなさってくださいね。
ダイヤモンドが眠っていますよ。

>私はあまりに我慢しすぎて
>自分の声も聞こえなくなっていた?

もしそうだと気がついたら
今日が記念日です。

自分自身の小さな小さな声を
拾える自分であってください。

本当に望んでいたことは
なんだったのでしょうか?
いつも我慢していたのはなぜですか?
そこにはどんな価値観があり
その先にはどんな欲求がありますか?

このように
自分と向き合うことで
本当の自分の声を知ることが
できるんですね。

ノートを1冊手元に置いて、
そこに自分の感情や
考えを全部書いてみてください。

ノートは小宇宙。
何を書いても大丈夫。
安心安全の場です。

自分を全てさらけ出してください。

きっと本当の自分に巡り合う日が
くると思いますよ。

そうしたら是非
教えてくださいね!

今日はラブレターになりましたね(笑)
でも、この場を共有する人には
深い部分で繋がることが
あると思いますので、

受け取っていただけたら
嬉しいです。

Be Lady
Be Colorful!

ほしのひろこ

ノートに自分をさらけ出す♡

この記事がよかったら
ブログをお友達に紹介してくださいね!

https://hoshinohiroko.com


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら