大切なこと

嫉妬と上手に付き合う秘訣

子育てママを、時給から存在給へ
姫ism 星野紘子です。

嫉妬とは、誰もが持っている
本能です。

だから醜くも
悪いものでもない。

人間なら誰しも湧いてくる
エネルギーであり
自分のことを知るサイン、
以上なのです。

これだけSNSが発達して
普通ならみることがない
隣の人の私生活が垣間見れる
今の時代、

羨ましいな、
私もそうなりたいなと
思わない方が
難しいのではないでしょうか。

誰でもいいなと思う気持ちは
ある一方で、
「嫉妬」という便利なラベルを
貼ることで
罪悪感を感じ、自分を責める。

なんとも厄介です。

大人になると
ありがたいことに思考が生まれます。

感情を思考に変換することで
気持ちを整理することができます。

嫉妬という気持ちが湧いたなら、
なぜその人なのか
どういうところがいいな、なのか。
思考という術を使って
心を覗いてみてくださいね。

嫉妬を感じる相手は
自分のかけらです。

自分の中にある
「こうなりたいな」が発酵したら
嫉妬になるのです。

だからその
「こうなりたいな」を
取り出してあげればいいだけ。

すると人生前に進めます。

先日、一年前に自分と向き合う
対話ノートを見てみました。

そこにはまあひどい嫉妬の
感情がぶちまけられておりまして
自分でも驚きました。

でも今自分が書いた
その文章を読んでも
何も感じないのです。

嫉妬の賞味期限は
一年もありませんね。

また、人に嫉妬をして
焦りを感じるのは
自分の山を登っていない
何よりの証拠です。

自分の山を登りましょう。

他人の山を羨ましく思っても
そこから何も生まないし、
「気」をそちらに
持っていかれる分
自分の人生を進めることが
できないのですから。

嫉妬は本能ですので、
醜いと感じることも
罪悪感を握りしめることも
ありません。

大切なのは
「なりたいな」
「手に入れたいな」の
発酵した気持ちを掬い取ることです。

それにしても、
嫉妬という漢字が
女偏(おんなへん)なのは
少々解せないですね。

女特有のもの
でもありませんでしょうに。


【無料メールマガジンのご案内】

働き方から生き方を変え、圧倒的に豊かで自由な女性になりませんか?

収入源を自分でデザインできる生き方を目指しませんか。たった一度の人生、リハーサルなしの本番。だって最高に楽しく生きたいから!!

詳細はこちら