ひとりごと

インテリアを自分好みに。家にいるのって楽しいかも!

家にいるのって楽しいかも!!働き方を変えて、家にいる時間が長くなり、どうせなら好きなものに囲まれようぜ、と言うことでインテリアを新調しました。

・絨毯2枚
・ソファー
・カーテン(これから新調予定)

今日もサイトを訪れていただきましてどうもありがとうございました。ゆとりと家庭時間を大切にする、AI時代のワーキングマザー星野紘子です。
(この肩書きいいね!しばらく使います)

仕事はオンラインで完結、しかも午前中で終わり、午後はゆっくり自分の好きなことをしている最近の私。以前と大きく変わったのは家にいる時間が増えたことです。

以前の私は、どちらかと言うと外に出て家にじっとしていることが苦手でした。

外に働きに行く方が好きで、あまり家にいる時間はなかったのです。

でも、8月から働き方を変えて、今は自宅メインで仕事をしています。オンラインで全て完結し、ビジネスパートナーとのやりとりもオンライン、お客様とのコミュニケーションも基本オンラインになります。

最初はノマドと言う働き方にあこがえれ、スタバみたいなカフェに行っていたのですが、一番落ち着くのは実は自宅のリビングだと気付いたんですよね。

家で仕事をするとなると、やっぱり好きなものに囲まれていたいなと思っていて色々とインテリアを変えてみました。

すると、、、さらに快適になりました笑

今はもう外に出て働きに行きたいと言う願望もなく、通勤時間がない在宅での仕事がとても今の自分にあっています。

私がこのように大きく働き方を変えることができたのは、家族の応援のおかげ。いちばん身近にいる人から応援されないと、何もできません。特に夫は、働き方のシフトがうまく行くかわからない、収入が定期的に入ってくるかわからない状況も受け入れてくれて、いつも応援してくれる。

身近な人に応援されるのって、自分への自信にもなるし、心も安定します。

私は今、

・好きなことをして
・好きな人と
・好きな場所で
・好きな時間に

働くことができていますが、その基盤はパートナーシップにあるんですね。

もしかしたら、ゆとりと家族時間を大切にする、収入と余暇は比例して増える今の私の働き方は時代を先取り新しいかもしれません。

その新しい働き方を支えるのは、パートナーシップという実は普遍的なものだったりします。

夫に感謝!ありがとうーーー。

今日もお読みいただきましてありがとうございました♪

子育てママが、時給から存在給へシフトする方法

存在給とは..

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。お仕事を優先すると育児がおそろかになる。
母親ならば、「仕事よりも育児を大事にしなければならない」という価値観
子供の成長に合わせて、その時ベストな働き方をしたい」

このような課題を抱えている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。

子育てママが、時給から存在給へシフトする方法
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス