家族

初めてづくしの一日でした。

時給から使命給へ 生きる姿がお金になる働き方を
星野紘子です

**

いつも買っているお化粧品の新作パンフレットを開いてみると、「2022年、暮らしを豊かにするヒント」特集が組まれていて、その中の一つに”普段取らない選択肢をあえて取ってみる”と書かれてありました。

うんうん、これ、よく聞くことだよね。

普段取らない選択肢ね〜。気づいた時に意識してみようかな。

と、昨晩は軽い気持ちで受け取っていました。

まさか次の日”普段取らない選択肢”のオンパレードとはつゆ知らず。

お金の朝活終了後、朝ウォーキングが日課なのですが、5:30に起きてきた次男が「僕もいく!」。

初めて次男と一緒に20分フォーキングを楽しみました。次男と二人で過ごす時間て実はそんなに多くありません。お兄ちゃんがいつも一緒だし、弟もついてきますから。

貴重な時間だったと感じ、嬉しくなりましたよ。

また、午前中は、初めて「豚バラ肉のコンフィ」に挑戦しました。

コンフィとは油煮のこと。低温油でじっくりとお肉や野菜を煮込みますので、完全に油が落ちて柔らかくて美味しくなる。

知識では知っていたのですが、初めて挑戦しましたよ。

豚バラ肉の油が抜けてトロトロに!!

油で煮るので油臭くなるのかと思いきや、むしろ逆。

その後強火で表面を焼くとそれはそれは美味しいのです。

また午後には子供たちと初めてパン作りに挑戦しました。

子供が学んでいるZ会の今月のテーマが「おうちでパン作り」。材料は以前からあったので、3歳の息子も一生懸命自分のパンをこねて、チョコチップを埋め込んでそれぞれ思い思いのパンを焼くことができました。

初めてづくしの1日、たくさんの小さなドラマがありました。

何をするにも初めての経験は、ドラマチックです。

日常を彩るスパイス。そう感じました。

次男と一緒に歩いた真っ暗な明け方、外は寒いけれど心は嬉しいこの温度差。

一生懸命パンの種の形を作ってチョコチップを埋め込んだけれど、焼いたら膨らんで全部がぼんやりした形になったパンを見た時の息子たちのがっかりと驚きが入り混じったなんとも言えない表情。

2回目からは当たり前で素通りしそうなことも、初めてだと新鮮に感じるものですね。

いつもの選択も悪くない。

悪くないけれど、より良くなる可能性に出会うには小さな挑戦をしてみるといいなと感じる1日でした。

★プロフィール★

「時給から使命給へ。生きる姿がお金になる働き方を」自分の生きる姿をWeb上で発信することでお金をいただく新しい働き方、使命給という生き方を広めています。星野紘子です。

現在は個人事業主様・起業家のオンラインビジネス構築の伴走をしています。

女性が家庭:仕事=7:3で月30万円を自分で稼ぐラインはオンラインビジネス仕組み化の一つの目安と考えています。

その仕組みを創り、自由に生きる使命給の世界に生きるためのオンラインサロン「姫プロジェクト」や、ビジネス講座「はるのひかり」を主宰しています。

プライベートでは小学生・年長・3歳の男の子を絶賛育児中。趣味は料理、緩やかなグルテンフリー生活、また日常のひと工夫でマイルを貯めてあちこち飛行機に乗って旅をするのが好きです。

★使命給の世界を学んでみませんか?★

【無料メール講座】
時給から使命給へ。
生きる姿がお金になる働き方7つのステップ

まずは詳細をご覧ください。
こちらから