働き方

育児家事を両立する働く女性の、働き方の悩みに回答しました。

時給から存在給へ。
姫ism 星野紘子です。

やると決める。
基盤作りは短期間で。

どんなに忙しくても
工夫することで
時間は作ることができます。

先日お送りしたメルマガ
「お金を稼ごう。
優しさ、思いやりや基盤から生まれるから」
に丁寧なご感想とご質問をいただきました。

メルマガの内容をざっくり説明すると、
生活を維持するために最低限必要なお金は
稼ぐべし、というお話でした。

私は情報発信ベースの存在給という
働き方を奨励しております。

一方で、
軌道に乗るまでは、
生活の基盤は
時給で”稼ぐ”ことが
いいと思っております。

基盤が大事だからです。
ビジネスにおいて焦りは禁物。
相手から奪う意識が
働いてしまいがちですね。

さて、前置きが長くなりましたが、
まずはご感想からご紹介しますね。

★感じたこと

私自身は、現状時短勤務の会社員です。

自分らしく働ける存在給に憧れ、ありたい暮らし方を考えていると、
会社員で働くことの息苦しさや報われなさを感じることも多く、「会社員=苦しい=苦しいことをひている自分は良くない」と必要以上に自分を苦しめていると感じました。

今の時点では、主に金銭的な安定感の部分で、会社員であることの恩恵も十分受け取っています。

会社員であることの恩恵も感じながら、存在給にシフトしていきたいです。
(それでも今の私の会社員生活は、疲れを解消するだけで終わってしまうのが悩みです…トホホ…これはまた別の機会に…)

私もずっと会社勤めでしたので
共感ポイント満載でした。

それでね、
存在給へシフトするなら、
短期間である程度の形にするのを
お勧めします。

一気に進めるほうが
その後の展開が速いんです。

何事も0→1が一番エネルギーがかかりますね。
そこをある程度の集中力で
乗り切るとあとが楽ですよ。

そのための他力は色々あるので、
それはご本人がいいと思うものを
手にしてください。

大事なのは
短期集中という視点です。

やるならやる、
やらないならやらない。
中途半端が一番よくないですね。

まずは自分で決めて
やるならば時間がない中でも
工夫して進めてみてください。

ちなみに、私は半年を目安にして
働き方生き方を変えるために
必要な基盤を作り
そのまま軌道に乗せました。

時間がないし、
本当に大変なのは重々承知です。

でも、きっとそれがおできになると
ご自身で分かっているから
メルマガでご縁をいただいているのだと
思っておりますよ。

人の可能性は無限大です。
決めて、やる。
もうね、シンプルにそれだけ。
動いてみてください。
きっと現実が変わってきますから。

★ふと疑問

わたし個人的には、生活費を稼いでくれる旦那さんがいてくれる場合は、自分で稼ぐことを一時的に手放してもいいのかな…(それでも自分に投資できるお金がちゃんとあるのがいいけれど!専業主婦になるのも勇気がいるけども…)と思っているのですが、

この点について紘子さんはどう考えますでしょうか?

ご質問ありがとうございます!

生活の基盤とは
自分一人で生み出すものではなく
世帯で、と考えております。

そのため、書いていらっしゃるように
旦那様が生活費を稼いでくださるなら、
一時期自分は手放すことは
もちろん選択肢としてありです。

旦那様が時給で
自分は情報発信ベースの存在給だと
家族で時給×存在給のハイブリッドて
理想的ですよね。

働き方とは生き方です。
ですから自分一人で完結するものではなく
家庭としてどうありたいのか
という視点が大事です。

そのためには
まず自分がどうありたいのか。
ここからです。

ご感想ご質問をいただきまして
どうもありがとうございます。

今回お送りいただいたのは
ジモッティー(地元が同じ)H.T様。

小さなお嬢様を育てながら
働かれている美しいお母様です。

働きながら、子育て家事育児。
しかも未来への投資。
なんと、4足の草鞋!!

私もずっとそうでしたので
その大変さはよーーーーーーく
わかります。

でもね、諦めないでください。
工夫することで、
時間はそれでも作ることができます。
やるときめて、取り組んでみてください。
本当にその先の未来は変わるのですから。

私はできると信じる、
人生がいいですよね。

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから