パートナーシップ

世界は優しいと気付くきっかけは○○

メルマガにたくさんの
ご感想をいただきました。

M.Sさん
どうもありがとうございます!

========================

ほしのさん、

9月1日は伺えなかったですが、
参加された方の感想、
素敵ですね!

にもかかわらず。
私も沢山ありそうです。

これはイイなぁと思いました^_^

家事が苦手です。

時給で働くと他人任せである意味
楽しているなと思います。

起業すると、
自分で何でも決定しなくてはいけない。
そのあたりは本当に勉強が必要ですね。

いつもメルマガをありがとうございます。

短い感想で失礼します。

======================

>家事が苦手です。

家事が苦手です
「にもかかわらず」私は価値がある
ですね!

私はですね、
料理を除く家事はあまり好きでは
ありませぬ…

掃除や洗濯は
主人の方が得意なので
いつもおまかせなのですが、
少し前まで
こんな自分に罪悪感を感じていました。

「妻であり、母である女性は
 家事をしっかりこなさなければならない」

こんな価値観を自分で
握りしめていまして
本音(家事があまり好きではない)
を認めることができませんでした。

苦しかったですね。

なんで女性が家事をしなければ
ならないんだろう。

私の場合、紐解いてみると
母親が専業主婦で、
働いていた父親を
支えることこそ女性の役割だと
私に教えていたからでした。

まずは働いている父親。
なぜなら、お金を稼いでくるのは
父親だから。
父親のおかげで
家族はご飯を食べることができるから。

女の子はそんなに
働かなくてもいいのよ。
それよりもご飯を作って
家族の面倒を見なさい。

社会人になるときも
親戚のコネ入社だったのですが
父親は親戚に

「ひろこはそのうち結婚するから
 それまで働かせてほしい」

と頼んでいました。
結婚したら家に入る
前提のお話だったのです。

我が実家は、
男性が外で働き
女性は家を守る。
これが当たり前の価値観でした。

その中で20年以上育った私は
家事が苦手な自分は
女性として欠けているのでは
ないだろうかと、
罪悪感すら感じていたのです。

矛盾するようですが
洗濯物を畳んだり
お茶碗を洗ったりは
好きではないのですが、
家の空間を調えることは好きなんです。

ここにどんな絵を飾ると
素敵かな、とか
季節感を出すために
どんな花を飾ろうか。
額に入れる絵はどんな花がいいだろうか。
今ならどんな絵柄が
気持ちを先取りできるだろうか。

etc….

たどり着いた結論は、
夫婦で得意なことを分担する!
でした。

私が全体の見た目を調え
整理整頓が得意な夫は
細かい片付けや掃除を担当。

全部1人でやらなければならないと
思っていましたが、
自分が家事が苦手だと知り
それを夫に伝えた結果、
家事を分担してもらい
随分と心が楽になりました。

自分の本音は
ちゃんと表現する。

自分でどんなことを
望んでいるのかを
言葉にして伝えること。

自分から相手に的を出すことです。

的を出すことで
相手はそこにめがけて
ボールを投げてくれます。

私は自分を的確に表現することが
できるようになって
世界は優しいんだと
気付きました。

これからもどんどん的を
出していきます(笑)

あなたは
自分の気持ちを
相手に伝えていますか?

的をだすことは
女性の役割、使命です。

ただし、出し方はコントロールを。
自分を主語にして

「私は**がしたい」です。

結果は手放してくださいね!

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから