オンラインサロン

人生が変わる潮時の見極め方

こんばんは。

0歳の末っ子の
前歯に萌える
ほしのひろこです。

0歳7ヶ月の末っ子に
小さな前歯が生えてきました..

可愛くて仕方なく
最近はプニプニした
手や太ももに
かじりついています。

こんな時に
幸せを感じています。

寝る前に3つの幸せを
書き出すようになって
幸せセンサーが
敏感になってきました♪

気がつかないだけで
日常生活て豊かさが
いたるところに
散りばめられているって
知りましたよ。

さて、昨日のメルマガにも
たくさんのご感想を
いただいております!

その中でお一人を
ご紹介しますね。

栃木県にお住まいの
R.Aさん。

=========================

ひろこさん

こんにちは、○○です^^
いつもメルマガありがとうございます。

今回のひろこさんのメルマガを拝見していて

「コネ入社できていいなあ〜」

「結婚したら仕事を辞めるなんていいなあ〜」

と感じる自分がいました。

私はサラリーマンの父と専業主婦の母に
育てられたのですが、

「女性も男性と同じように働くべき」

「自分のことは自分でなんとかするべき」

と育てられてきました。

そのためコネ入社はおろか寿退職など、
人生の選択肢には入ってなく
(実際には寿退職しましたがw )、

お金を稼げるように
ならねばならぬという危機感から
受験勉強をしている部分もありました。

いい大学に入って
いい会社に入らないと
自分に価値はないとすら
思う時期もあったように思います。

でも、自分の好きな生き方を
選択すればいいだけなんですよね。

私は家事全般が好きで、
特にお掃除は大好きです。

(今日は車を洗ってきます♪)

一方、主人は家事全般に全く興味なし笑。

だから家のことはほとんど私がして、
主人は外でお金を稼いでもらっています。

「私はお家のことをしたいから、
 家事してる間は子供と遊んでくれると嬉しいな♡
 あと生活に必要なお金はよろしくね♡」

と的を出せるようになりました。

まずは女性から
「自分はどんな在り方で生きたい」か
具体的な的を出すこと。

それが円満なパートナーシップを築く秘訣なのだと
感じています。

===========================

>まずは女性から
>「自分はどんな在り方で生きたい」か
>具体的な的を出すこと。

>それが円満なパートナーシップを築く秘訣なのだと
>感じています。

わぁ……素晴らしいですね!
本当にその通りです。
まずは自分から
自分の気持ちを伝えることが
円満なパートナーシップの第一歩。

パートナーシップは、
女性発です♪

大概の女性は自分の気持ちを
表現することが苦手です。

自分が勝手に作り上げた
お化けに怯えている。

・きっとダメって言われるかもしれない
・反対されたらどうしよう
・こんな考え、認めてもらえないかも..

お化けが怖いのは
その正体がわからないからです。
正体は自分の思い込みなんですよ。

〜されたらどうしようと
悩むエネルギーは

「どうやったら
 わかりやすい自分の的を
 出せるだろうか」

に使ったほうが健全ですね。

男女のお話でもう一つ。
弟が2人いて、3人兄弟の
長女だった私は
父親に溺愛されて育ちました。

父親の口癖は

「ひろこがお嫁に行ったら
 庭にお父さんのお墓を作ってね」
(要するに、離れたくない)

「お父さんが死んでも、
 ひろことは血が繋がっているから
 それは地球が滅亡しても変わらないからね!」

「ひろこの血の半分は
 お父さんと同じだからね」

etc…..

まあ..こんな感じでした。
そんなこんなで、
私にとって父親というのは
普段は威厳がありますが
いざとなったら
願いを叶えてくれる
”打ちでの小槌”でした。

学生時代、貧乏で洋服が買えない時は
父親と腕を組んでお店に行き、
洋服を買ってもらってました。

さらに帰ってきてから
買ってもらった洋服を披露して
お父さんありがとう!!
お父さん、だから好き。
またお買い物行こうね♡
というと….

また買ってもらうことも
できました♪

ある友達が欲しいコートが高いから
バイトをして買う、というので

「父親に腕を組んでお店に行って
 買ってもらったら?」

というと驚愕されたんですね。

「父親と腕を組む?」

「そんなことできるわけない!!!!
 そんなのヤダ、
 だったらバイトする。
 働くよ!!!!」

この時の私の気持ちは

「働くよりも、腕組んでお店行くほうが
 ずっと楽チンだし早いのに。
 それで買ってもれえなければ
 働けばいいんじゃないかな?」

「欲しいコートが手に入るなら
 腕組んだり、お礼をたくさんいうのって
 お安い御用だと思うな….」

「お父さんて、娘におねだりされたら
 嬉しいのになー」

これって男女の在り方が
よくわかる例えだと思うんですよ。

私の例えは父親でしたが
大きくまとめると男性、ですね。
男性は、好きな女性に尽くしたいんです。
頼られたい。
力になりたい。

だから、女性の皆様!
甘えましょう〜♡

>まずは女性から
>「自分はどんな在り方で生きたい」か
>具体的な的を出すこと。

ここに尽きますね。
男性に対しても、
自分のなりたい未来に対しても
自分から的を出すこと。

オーダーが曖昧だと
違和感満載な現実が
やってきますよ。

人生が変わる潮時の見極め方

昨晩はビジネス構築講座
Work with Life実践講座の
個別セッションでした。

そこで出てきた話題で
興味深かったことをシェアします。

人生が変わるときに
3つのことに変化があるそうです。

1)関わる人が変わる
2)環境が変わる
3)時間の使い方が変わる

人は自分の周りにいる
5人の平均だと言われています。
(収入もエネルギーも)
そのくらい環境に影響されます。

だから環境が変わると
場のエネルギーが変わり、
自分の人生の進み具合も
変わるんですよね。

環境が変わり
関わる人が変わると
次に意識したいのは
時間の使い方を変えること。

未来へ時間を使うことです。

未来への時間とはなんでしょう。
それは自己啓発本では超有名な、
『七つの習慣』に出てくる

【緊急じゃないけれど、重要なこと】

だと私は解釈しました。

この時間を作るために
環境と関わる人を変えるのでは?と
思っています。

でね、1)から3)って実は
自分が行動することで
変えられるんですよ。

今の状況を何かしらの理由で変えたいなら
まずは2)環境を変えてみて!

関わる人を厳選し
そして何よりも貴重な資産である時間を
【緊急じゃないけれど、重要なこと】
のために使うこと。

1)人
2)環境
3)時間の使い方

この3つを変えて
人生の流れを変えましょう。
変化は自分で起こすものだから♪

では、今日はこの辺で。

無料メール講座【姫理論】
お金と相思相愛な私になるメルマガ

このメール講座では、会社を離れ、お金・家族時間・ゆとりを同時に増やし、お金が循環するように手にすることができる環境を築くことができるまでの経験と、そこから独自に確立した女性としての生き方、「姫理論」をお届けしています。

↓↓メルマガのタイトルはこちら↓↓

1)人生の革命を起こしたのは40歳だった
2)その時、人生は動いた☆生まれて初めて、豊かなお金の世界を知った時
3)お天気お姉さんから、自衛隊へ
4)空に還った子供からのメッセージ
5)強制終了はこうしてやってきた
6)覚悟を問われた、不安まみれな挑戦
7)その時、人生は動いた
8)昨日までの「私」を、こえてゆけ
9)「姫」になるための4つのステップ
10)幸せは、感じとられるのを待っている
11)私をうばう、私になるな
12)野心♡は夢になる
13)謙虚な女性は一生お金に愛されない
14)私の人生を生きる

【姫理論】お金と相思相愛な私になるメルマガ
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス