大切なこと

断捨離は、悠久のロマンである

子育てママを、時給から存在給へ
姫ism 星野紘子です

人間としての器の大きさは
もうすでにある程度決まっているもの。
だから、器そのものを大きくするのではなく
不要な中身を手放して
身軽になりましょう。

なぜなら、コントロールできないことに
注力するほど
人生進めないことはないから。

できることに集中。
器を広げることではなく
不要な中身を手放しませんか?

帝王学の教科書「貞観政要」、
中国唐の時代の書物の教えです。
器の大きさは変わらない。
ならば、器の中身を軽やかに、と。

不要なものを手放す断捨離とは、
なんとロマンがあり、
なんと本質的なのでしょうか。

私ね、世の中のみんながもっと
不要な価値観や思い込みを手放して
自由であればいいなーと思っています。

そうなると軽やかになりますよね。
本来の自分であろうとすれば
人は本当に軽やかなのです。

一人一人が軽やかになると、
日本がもっと明るく楽しくなる。
私はそう信じていますよ。

軽やかな自分を言葉で表現して
お金をいつでも生み出せる状態になる。
存在給とは、そんな世界です。

日本はポテンシャル無限大の国です。
今はもしかしたら閉塞感漂う
ご時世かもしれませんが、
長い歴史の中で
なんぼのものでしょうかね。

日本が本来の豊かな国であるためには
一人一人が豊かであること。

一人一人が豊かになるためには
不要な価値観や思い込みを手放し、緩め
自分であることなのです。

お部屋のものを手放すのと、
心の不要な価値観を緩めていくのでは
難易度的に違うかもしれない。

でも、本質的に前に進むためには
今あるものを手放すところから、
ということを知ることが大事です。

空間も心もね。

さて、窓を開けて空気を入れよう。
お部屋も心の中も引き算から。


【無料メールマガジンのご案内】

働き方から生き方を変え、圧倒的に豊かで自由な女性になりませんか?

収入源を自分でデザインできる生き方を目指しませんか。たった一度の人生、リハーサルなしの本番。だって最高に楽しく生きたいから!!

詳細はこちら