ひとりごと

見える景色は1日で変わる

先日、いま働いている職場の忘年会に参加した。
19:30-21:30までなので
主人に早退してもらい
子供達のお迎えを依頼、
+実家の母にお泊まりに来てもらうという
初めての試みのシフトを組んでみた。

 

六本木が会場なので、
きっと帰りは23:00を過ぎるだろう。
いままでで一番遅い帰宅になる。
母に来てもらうことで
子供達のお世話をお願いすることに。

 

感想は、、、
快適すぎるーー!!!
時間を気にしないでいられるのって
なんて解放感。

 

いつもは都内なら16:00になったら
ダッシュで帰宅しているので
時間はいつも気にしているのだが
この日はそんなリミットもない。

 

事前に晩御飯のカレーを
煮込んでおいたので
あとは食べておいて貰えばいいだけ。

 

実家の母がきてくれているので
子供の寝かしつけから
台所周りの片付けからも
全部済んでいて
帰ってからも
やることがなかった!!

 

癖になりそう〜。

 

以前の私は
子供達をおいて
夜に自分だけで出歩くなんて
とんでもなかった。

 

そんな妻・母は
いけないという思い込みがあり
できないと思っていた。

 

本当は行きたくて仕方なかった
集まりはたくさんあったけれど
そこに参加する自分に許可を出すことが
できなかった。

 

でも、そこを変えてみようと思う。
本当に自分が行きたいのなら
行けるような環境作りをしていこうと考えた。

 

それにはまず家族の理解が不可欠なので
特に主人にはきちんと事前に話をし、
母にも可能ならば都合を聞いて
お願いできないか打診してみる。

 

すると、、あっさりと
壁を乗り越えることができた。

 

なんだ〜、越えてみると
意外に壁は低かったんだ。
これが正直な感想である。

 

目の前にある壁の高さは
自分が勝手に決めているんだと思う。
誰にでもある心の壁は
いままで大切にしてきた
自分自身の価値観や固定観念からくるだろう。

 

自分で人生をデザインしようとするとき
必ず現れるマインドブロック。
それは本当に物理的に越えられないのか
自分が越えようとしてこなかっただけなのか。
立ち止まって冷静に考えてみることが
大事ではないかな。

 

そして、壁を越えることができたとき
見えている景色が変わってくる。
そこに必要な時間は1日あれば十分だ。
いや、1日も必要ないかも。
人が変わるタイミング自体は
一瞬なのかもしれない。


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら