家族

子供の頃に夢中になった遊びは、未来の働き方へ繋がる

こんにちは、星野紘子です。子供の頃に好きだった遊びはなんでしょうか。ゲームを攻略することでしたか、それともゲームの攻略法を友達に教えることでしたか。また、一人で読書に没頭することでしたでしょうか。きっとみんな一つくらいは時間を忘れて夢中になって遊んだ経験ってあると思うんです。その「時間を忘れて夢中になる」ことは、自分にあった働き方や仕事のヒントになると思います。

なぜなら、夢中になって遊ぶというのは本能のレベルで自分が喜んでいることだからです。無心になって時を忘れて没頭するほど、その人の力が発揮されることはないのではないでしょうか。

どんな遊びが好きでしたか?

先日、運営しているオンラインサロンでこんな話題が出ました。「子供の頃に夢中になった遊びって、自分にあった働き方に繋がるよね」。そこから自分がどんな遊びが好きだったかメンバーで盛り上がりました。

私は自分を振り返り、「年齢や性別が違う仲間と一緒に外遊びが好き。一番小さい子に合わせてルールを作ったり、仲間が遊びやすいようなルールを新しく作ったりするのが得意」だったと気がつきました。これは、デザイナやプログラマーといった様々な人をまとめて一つのものを作り上げるWeb制作プロデューサーが天職というところと繋がっているんだなと気付きます。

また、息子たちはプラレールが大好き。自分で線路を組み合わせて遊べるプラレールは男の子たちの定番ですよね。電車が大好きな息子たちは今日も何時間でも電車を連結させて走らせて遊んでいます。

長男は線路を作るのが好き。お菓子の空き箱などをトンネルに見立ててオリジナルの線路を作ります。次男は早い車両を作るのが好き。秋田新幹線「こまち」や北海道新幹線「はやぶさ」、機関車トーマスや高崎線など自分が持っている電車を色々と組み合わせて早く走る車両を作っています。

同じプラレールでも好きなポイントは微妙に違う。線路を作るのか、早い車両を考えるのか。それぞれの能力が将来自分を助けて欲しいと母は思いました。

魂レベルで楽しんでいたことは?

あなたは今、働き方にモヤモヤしていませんか。働き方のヒントは、子供の頃に本能のレベルで時を忘れて没頭した遊びにあります。あなたが魂レベルで楽しんでいたことはなんでしょうか。一度過去を紐解いてみてくださいね!


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら