ひとりごと

Twitterで振り返る、今年のゴールデンウィークあれこれ

今年のゴールデンウィークは5/1日と5/2日も会社をお休みいただいたので、9連休でした。どんな連休だったかなとTwitterで振りかえって見ます!

この連休は自分が伝えたいことをステップメールにまとめるのに多くの時間を費やしました。もう思いが溢れてきて何度もリライトして終わりがないかと思ったくらいです。何を伝えたいかというと、「働き方が何がいいかを考える前に、自分がどんな暮らし方をしたいのかを決めてほしい」ということなんです。

どんな暮らし方をしたいのか、先にどんな働き方をしたいのかがあります。暮らし方からの逆算思考なんですよね。でも過去の私を含めて多くの人は、順番が逆なんです。

大きな幹をすっ飛ばして、週末起業がいいのか、本業とは別にアルバイトがいいのかなど方法を考えてしまいます。幹に対して枝葉の部分ですよね。それでは混乱してしまい、結局何にも解決しないですということを熱く語りました。

特に平日の5月1日と2日はスタバの一角にこもり、集中して書き上げましたよ。こちらのステップメールは、ビジネスパートナーに渡して、最後の仕上げをお願いしております。12日くらいにリリースです!

また、連休中に新しく始めたのはこちら

そう、日報です!
具体的なテンプレートがありまして、オンラインサロンの仲間達で日々シェアしています。私は日々の行動量をアップしたいので、日報をつけて客観的に自分が動いた量がわかるのはとてもありがたいんですよね。未来へ歩んでいく布石になっておりますよ。

そして、この言葉。心にグッときた言霊です。なぜなら、、、私は週末起業などは、自分にお金と時間を投資できる立場の女性たちがするものだよねという偏見がありました。例えば独身の女性でお金を自由に使える立場の人たちなどを想像していました。

そこにきてのこの言葉です。つまり、制約があるからこその自由なんだ、ということ。自由とは、お金も時間も不自由なく使える状態ではない。何かしらの制約があるからこそ(不自由)、自由の光を掴み取ることができる。極端な話、刑務所の中だって頭の中は自由ですよね。だから、自由な人というのはどんな環境にいてもなれるんだ、という大きな学びでした。

9連休といえどもあっという間ですね。今月も目標に向かって頑張ります!

「ナチュラル・ウーマン養成講座」

家族との時間が増えるほど、お金が増える
女性としてナチュラルな生き方をする
幸せな女性「ナチュラル・ウーマン」を目指す方へ

働きたいけれど、その分家族との時間が減るのが辛い。仕事というと、企業での正社員復帰かアルバイトしか選択しかないと思っていませんか。

少し前までの私はまさにそうでした。仕事とはお金のために時間を差し出すことで、その分家族との時間が減るのは仕方がないことだと思っていました。

会社勤めの時は、通勤電車に飛び乗り1時間かけて都内に通っていました。家事と育児の両立はいつも課題で、息子たちとの時間を作ることをいつも悩んでいました。

しかし、2018年夏会社を辞めて、それまで携わってきたオンラインサロンの運営のみに集中してみると、在宅で心にゆとりを持って働けるだけではなく、家族との時間も増えて収入も増えていったのです。

どのようにして私が生き方を変えることができたのか。その秘訣をメルマガでお届けしています。ピンときた方は詳細をご覧ください。
詳細はこちら