ひとりごと

女性がハマる人気店の秘密

こんばんは!
ナチュラル・ウーマンCEO
ほしのひろこです。

豊かなお一人様の時間に
なりましたね。

働き方生き方を
アップデートしようと
なさっている方へ。

自分の人生に自信を持ち、
子供が憧れるような
生き方をする
「ナチュラル・ウーマン」

そんな「ナチュラル・ウーマン」
になるために必要な
在り方について
お届けしています。

メルマガのテーマはお金。

【お金を最高のパートナーにする】

お金はもちろん
令和を軽やかに生きるために
必要な気付きや学びを
お伝えします。

初めてお会いします方は
どうぞよろしく
お願い申し上げます。

いつもお読み下さる皆様、
感謝の気持ちでいっぱいです。

【女性がハマる人気店の秘密 】

地元の新しくできた
スーパーが繁盛しています。

同じところにあった
大手スーパーは
さっぱりで
閑古鳥が泣いていたのに

新しくできたスーパーの
繁盛っぷりはすごいです。

同じ立地なのに
この差はなんだ?と
観察していたのですが

こんなことに
気が付きました。

===============

徹底した相手目線での設計

===============

新しいスーパーは
週末は午後4時すぎると
店内はごった返します。

その時間に行くと
2~3人の知り合いに会い

みんなここで買い物
しているんだなーと
思ったりします。

実はこのスーパーの前にも
同じようなスーパーが
ありました。

でも、
全然繁盛していなかったのです。

この差はどこにあるんだろうと
色々見ていると

<新しいスーパーは
 とにかく使いやすい>

と気付きました。

・クレジットカード対応レジがある

・会計処理が早い

・陳列棚は全て目線の高さまで

・どこに何があるのか想像できる

・普段使いなもの:嗜好品=8:2くらいで
 普段の買い物はちょうどいい

・でも時々買いたくなる
 「ちょっといいもの」もある

・ファミリー層向けの商品が多い
 (子供用のヨーグルト
   /無添加ジュースなど)

・通路は広く、ベビーカーがゆうに
 通れるスペースがある

徹底したファミリー層向け、
買い物するお母さんの気持ちに
沿っているんですよ。

<心遣いがそのまま形になっている>

だから人気なんだなと
気付きました。

「私がこれだけやったから
 相手からきっとこれだけ
 返ってくるだろう 」

こんな期待をして
相手から自分が思うような
リアクションが得られず

相手に怒りを覚えたことは
ございませんか?

「何なのよ!
 私がこれ教えたのに
 何でもっとお礼言わないの?」

「もっと感謝があってもいいよね」

「せっかく教えたのに
 もっと感謝しなさいよ」

う・・・・
これは私が自分に
余裕がないときに
よくありがちな思考なのですが・・

<人はされたことに
  感謝をしなければならない>

<お礼は必ずいうべきだ>

私には自分を縛るこんな価値観を
持っておりまして、
それが暴走しているときですね。

(自分をコントロールできないときです)

一方でリアルな店舗の
お客様を気遣う心遣いは

相手から直接返ってくる期待は
ないと思うんですよ。

「陳列棚が目線より高くなくて
 ありがとうございます!」

などお礼を言われることは
ほぼないでしょう。

でも、
このさりげないギフトがあるからこそ
人が集まり

最終的に巡り巡って
売り上げに反映されるんですよね。

【人から愛され応援されるお店は
 さりげない与え上手】

この気づきを早速
実行して見たのが
今日のメルマガですが
お気づきでしょうか(笑)

このメルマガを見てくださる方は
スマホが多いので、
一文の長さを意識しました♪

長くならないように
工夫して見たり。
(と言ってしまう時点で
 ”さりげなく”ない笑)

はい・・・もっと私も
”さりげない”
与え上手になれるよう
精進しますwww

===============

人気店に秘密は
徹底した相手目線で設計されている

人に愛され応援されるためには
<さりげない与え上手>であること

===============

お届けできれば幸いです。


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは..

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。お仕事を優先すると育児がおそろかになる。
母親ならば、「仕事よりも育児を大事にしなければならない」という価値観
子供の成長に合わせて、その時ベストな働き方をしたい」

このような課題を抱えている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。

詳細はこちら