大切なこと

動いていないうちは考えない。最初の一歩は「動くこと」

今の時代、何かを始める時のポイントは「走りながら考える」だと思います。なぜなら、時代の変化が早すぎて、100%の準備を待っているとどんどん遅れてしまうから。そもそも100%の準備の状態ってないですしね。

メディアを立ち上げました!

私は、株式会社キッズライン社長の経沢香保子さんが主催するオンラインサロン「女性起業家サロン」のメディアの発信を担当することになりました。テーマは女性のキャリアや働き方、起業です。「世の中に素敵な流れのうねりをつくっていけるメディアを読んでくださる方と一緒に創り上げていきませんか?」を合言葉に今月から走り出しています。

メディアを作ることは楽しく、夜寝る時間が惜しいくらいです。できることなら一日中没頭していたいですね。

まだまだ決まっていないところも多く、文字通り走りながら考え、修正しています。でも、なんとかなるんですよ。Webの特徴としましては、後からいくらでも修正ができること。だから失敗を恐れることなく”better”な状態で走ることが大事だと思うのです。

完璧を求めない

また、100%準備ができている状態はありません。私は社会人になってクラシックバレエを13年間通い、発表会も出ていました。発表会の募集がある時に必ずいるのが「もっと上手くなってから舞台に出ます」という方。

これはチャンスをドブに捨てているようなものです。「もっと上手くなる」時はいつでしょう。生涯いいものを追求していくものなので、終わりがなく、そもそも満足できている自分の状態なんてものはありません。だから準備が整ってから何かをします、というのは永遠にこないことを意味します。

動いてみてから考えよう

動いて見てから考える。飛び込んで見てから考える。まずは最初の一歩を踏み出すことが大事ですね、その踏み出す準備を満足が行くまで待っていると人生が終わってしまうでしょう。動き出した後は試行錯誤の繰り返し。仮にうまくいかないことがあっても、ブログのネタになるし、そこからの学びもたくさんある。動いてみることから、すべては始まりますね。

「ナチュラル・ウーマン養成講座」

家族との時間が増えるほど、お金が増える
女性としてナチュラルな生き方をする
幸せな女性「ナチュラル・ウーマン」を目指す方へ

働きたいけれど、その分家族との時間が減るのが辛い。仕事というと、企業での正社員復帰かアルバイトしか選択しかないと思っていませんか。

少し前までの私はまさにそうでした。仕事とはお金のために時間を差し出すことで、その分家族との時間が減るのは仕方がないことだと思っていました。

会社勤めの時は、通勤電車に飛び乗り1時間かけて都内に通っていました。家事と育児の両立はいつも課題で、息子たちとの時間を作ることをいつも悩んでいました。

しかし、2018年夏会社を辞めて、それまで携わってきたオンラインサロンの運営のみに集中してみると、在宅で心にゆとりを持って働けるだけではなく、家族との時間も増えて収入も増えていったのです。

どのようにして私が生き方を変えることができたのか。その秘訣をメルマガでお届けしています。ピンときた方は詳細をご覧ください。
詳細はこちら