お金との付き合い方

人生100年時代、あなたが令和を軽やかに楽しむ秘訣

人生100年時代、
生き方に正解がない
今の時代。

身につけるべきスキルとは
何だと思いますか?

結論はこちら。

=================

問いを立てて
自分で解決する力と
それを人に伝える力を
身につけること。

=================

です!

年長さんの長男の
クラスの子の半分が、
一週間の中でいくつも習い事を
掛け持ちをしていると
ママ友から聞きました。

へー、と思って聞いていたのですが
ついつい

「え?何か始めた方がいいのかな?」

と周りに惑わされる自分が
いたんですね。

「これからの時代って
どんな子育てをしたらいいんだろう。
私たちの時代とは全然違うしなー」

私が金融経済セミナーの動画を
買って時代背景を知ろうとした
きっかけです。

私は会社で働いていた時に、
子供たちと一緒に過ごす時間が
全然なくてそれがストレスでした。

母親の私がいつも時間に追われていて、

「早くしなさーーい」

が口癖のようになっていたんです。

毎朝、保育園と家の間を
地面と平行になりながらww
電動自転車で突っ走っていました。

道端に咲く季節の花や昆虫に
目を向けることなく、
決まった時間の電車に
乗ることだけを目標にしていました。

ふと立ち止まった時、
本当に私、このままでいいのかな?
子供達のことをもっとみてあげたいのに
いまの働き方でいいのかな?
と、将来に対する不安が襲ってきたんですね。

 

最初はこの心の奥底に渦巻く不安を

・お金を稼がなければならない

・女性も男性と同じように働くべきだ

・働く女性は今時である

と思考が本音に蓋をしていたのですが
とうとう耐えきれなくなって
2018年7月に会社を離れることにしました。

というよりも、
思考と本音がショートしてしまい
体調不良になり、
強制終了になりましたww

そこから働き方を本気で変えて
今があります。

16時にお迎えに行って
公園を2つもはしごをして
2時間くらいかけて
ゆっくり子供達をお話をする
送迎の時間を過ごしています。

一方で
子供たちと向き合っていたと
思っていたのですが、
教育となると何を軸にしていいのか…
ママ友の話にグラグラする自分を発見し、
一度しっかりとお金や時代のことを
学ぼうと思ったのです。

いまの時代は正解がない時代

いい高校、いい大学、大きな企業。
昭和平成の勝ち組ゴールデンルートは
確かに存在しましたね。

少なくとも一部上場企業に就職していれば
食いっぱぐれることもなく
多少、仕事が我慢料だったとしても
在職中の福利厚生や年金でペイできる。

でも、いまの時代は全然違います。
そもそも、ゴールデンルートがない。。
安心安定の権化だった
メガバンクですら大量の人員削減をする時代。
令和は生き方に正解がない時代です。

必要なのは自分で問いを立てて伝える力

正解がない時代で
大切なのは2つの力です。

1)自分で問いを立てて、試行錯誤する力

2)自分が見つけてきたものを人に伝える力

なにが問題でなにを解いていきたいのかを
自分で見つけてやってみる力です。

なぜって正解かわからないから。
「とりあえず、、やってみて!」
恐れずに実行できる力ですね。

あとは、そこから自分が感じたことを
人に伝える力だそうです。

表現方法はなんでもよくて
一番一般的なのは文章力。
書くことじゃなくとも
得意な人は踊ってもいいし歌ってもいい。
自分を表現するものを持つことです。

子供に教える前に大人がやる!

私が一番感じたのは

「いまの時代はね、
正解がなくて
試行錯誤が一番いいんだよ。
その中で自分が考えたことを
人に伝えることが大切だよ」

「そうすることで
自分の考えに共感する人たちが
集まり絆ができる。

人の繋がりは誰にも奪われない
今の時代の安心安定の資産だよ 」

と子供に説明して、
大人がなにもしてないと説得力がない(笑)

学んだことを子供に教える前に
大人が実行しようね、
ということでした!

子供は背中を見ています。
子供といっても
自分の子供でなくてもよくて
日本の未来を背負っている人たちに
まずは大人が背中を見せよ、ということ。

=================

問いを立てて
自分で解決する力と
それを人に伝える力を
身につけよう!

それをまずは大人が実践すべし♪

=================

お届けできれば幸いです。

 


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら