大切なこと

99%の人が気付かない、嫉妬の裏側

こんばんは!
ナチュラル・ウーマンCEO
ほしのひろこです。

豊かなお一人様の時間に
なりましたね。

働き方生き方を
アップデートしようと
なさっている方へ。

自分の人生に自信を持ち、
子供が憧れるような
生き方をする
「ナチュラル・ウーマン」

そんな「ナチュラル・ウーマン」
になるために必要な視点や
考え方をお届けする活動をしています。

メルマガのテーマはお金。

【お金を最高のパートナーにする】

令和に生きる女性の在り方
視点、考え方をお届けしています。

初めてお会いします方は
どうぞよろしく
お願い申し上げます。

いつもお読み下さる皆様、
感謝の気持ちでいっぱいです。

3連休明けの朝は
慌ただしいですね。

子供達は保育園に行くことを
嫌がります。

特に3歳の次男は
玄関にしがみついて
嫌がるんですよ・・

母親としては複雑です。

行ったら行ったで
楽しんでいるのですが
行くまでが大変で。

「ママ〜、ママ〜
 ママがいいーーーー!!!!」

「早くお迎えに行くからね」

となんとかなだめて
送り出します。

働き方を変えたおかげで
保育園では16時には
お迎えに行くことが
できています。

時間を自分で調整できる
働き方生き方は
素晴らしいですね。
ありがたいです。

一方で、
働き方を変えたい女性って
まだまだたくさんいらっしゃると
思うのです。

私も頑張って
そういう方の
お役に立ちたいですね。

そのために、
何ができるのか。

今日も想いを巡らせながら
このメルマガを
書いています。

【99%の人が気付かない、
 嫉妬の裏側】

今日はちょっとドキっとする
話をお届けします。

普段素通りしがちな
本当の深い気持ちに気付く
きっかけになれば
嬉しいです。

==============

羨ましいの裏にある気持ちを
大切にしましょう。

本当にそれを望んでいるのか

望んでいる自分がいい子だと
思われる価値観を持っているだけなのか

自分に聞いてみてください。

==============

こういうお話をいただきました。

↓↓↓  ここから ↓↓↓

SNSで丁寧な暮らしを
している人を見て
ザワザワしている私がいます。

普段は会社員で

毎日が忙しく
家が好きなんですが
とても手をかけることが
できませんでした。

そんなある日のこと、

SNSで、

「おうちが大好き
 おうちを愛している」

そんな記事を見ます。

その記事を見た時に
私は嫉妬している
自分を発見しました。

↑↑↑   ここまで ↑↑↑

「私だって丁寧に暮らしたい。
 でもできない!」

「なんでこんなに家で
 のんびりしているの??

 ずるいよね」





さて、この場合本当に
丁寧な暮らしが
したいのでしょうか?

どう思われますか?

ケースとして2つあります。

1)本当は丁寧な暮らしをしたいけど
 エネルギー不足でそれができないケース。

 優先順位を明確にして、
 何を手放すのか考えるのが解決策。

2)本当は丁寧な暮らしはしたくない。
  したくないんだけれど

 「丁寧な暮らしをするといい子だと思われる」
 「丁寧な暮らしを目指すと女性らしい」

  もっというと

 「女性は丁寧な暮らしを目指すべきだ」

  
  こんな価値観を
  持っているケース。

  その価値観が必要なのか、
      どこから生まれたのかを
  自分と向き合っていき解決するケース。

どちらなのかによって
その後の具体的な行動が
全然違ってきますよね。

一見、嫉妬というのは
自分の「なりたい」を
教えてくれるシグナルと
言われています。

そのシグナルの先には
二つのパターンが
潜んでいます。

「私は本当に
 丁寧な暮らしがしたいの?」

一旦立ち止まり
自分に聞いてみてくださいね!

ほとんどの方が
嫉妬の裏にある
このメカニズムを知りません。

あなたは
もうご存知なので

これからは嫉妬も
自分を知る大切なサインだと
捉えていただけると
嬉しいです!

==============

羨ましいの裏にある気持ちを
大切にしましょう。

本当にそれを望んでいるのか、

望んでいる自分がいい子だと
思われる価値観を
持っているだけなのか。

==============

お届けできれば幸いです。


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら