大切なこと

ぎょうざ満州と恋愛小説『プライドと偏見』から教わる、人生をドラマチックに過ごすコツ

ウーマン美人学
ほしのひろこです。

爽やかな秋晴れ、
心まですっきりとしますね。

今日はプレミアムフライデー。
お読みいただいている皆様、
いかがお過ごしでしたか?

少し前の私って
自分の人生が波乱万丈じゃないことを
悩んでいた時がありました。

SNSなどを賑わせる
目立っている人って
波乱万丈じゃありません?

「え..私、そんなに
 絶望したことないんだけれど」

「もっと落ち込む闇がないと
 ダメなのかな〜」

平凡な自分の人生を
振り返って
薄っぺらいのかなと
思ったこともありました。

でも、よく考えてみると
人生の中で
ドラマチックなことは
そうあるものじゃないし、

一発逆転ホームランを
楽しむよりも
日常生活にある
自分なりの小さな幸せを大切にする
「私が幸せな人生」で
いいのではないかなと
今では考えています。

意外な客層

今日は、いいお天気でしたので、
お洗濯をたくさんして
布団を干して、
気持ちのいいスタートを切りました。

午前中は長男を
皮膚科に連れていき、
お昼は一緒に食事をして、
おやつを買って帰宅。

私はメルマガを書き、
長男は本を読んでいます。

これから保育園のお迎え、
さらには夕食作りと
あっという間に
時間は過ぎますね。

でもね、そんな中で
こんな気付きがありました!

今日のランチは
皮膚科の近くにある
長男が好きな
ぎょうざの満州。

安いし、美味しい
餃子が食べられるということで
二人で行ったのですが、
そこの客層が
お一人様のおじいさん、おばあさん
ばかりだったのです。

なんかこういうチェーン店の
中華屋さんて、
若いお兄ちゃんたちが
たむろしている
イメージありませんか?

結局私たちがいた時は
「若いお兄ちゃんたち」には
一人も来ませんでした。

こんなサービスあり?

おじいさんとおばあさんたち
ばかりのお店を見ていて、

「食べ物を小さくする
 サービスとかあったらいいな」

と思いました。
注文の時に

「小さく切りますか?」

と聞くの、よくないですか(笑)

入れ歯だと
食べにくいものも
あるでしょうし、
こういう優しい心配りは
やっぱり嬉しいですよね。

以前、街を歩いていると

「足の爪きります
 10本1000円」

という看板を見つけました。

確かに体が不自由だと
爪を切るのが
億劫ですよね。

だから、こういう
さりげない、痒いところに手が届く
サービスはありがたいし、
じわじわ需要があるなと
思っております。

私は日頃から、
だからこの商品は売れるのか、
だからこのお店は流行るんだ、と
感じ取ってくれるのが
好きなのですが、

日常生活から
その宝物を見つけると
幸せな気分になります。
満たされるんですよね。

まあまあマニアックです(笑)

日常がドラマになる

ところで、

ジェーン・オースティン著
『プライドと偏見』という
本をご存知でしょうか。

舞台は18世紀末のイギリスの片田舎。
5人姉妹が住む街に
独身の資産家青年が
引っ越してきたところから始まる
恋愛小説です。

この小説は、
日常生活を描いているんですが、
まるで推理小説を読んでいるみたい
な印象を受けます。

なぜなら、
人間描写が精巧で、
登場人物の心理が手に取るように
わかるからです。

「日常生活ってこんなに
 面白いんだ!」

私が最初に読んだ時に
こう思いました。

人間の心理に
光を当てて
日常生活を見てみると、
全然違って見える!と
ちょっと感動したんですね。

同じ日常生活の流れに
身をおいても、
人間心理に光をあてるのか、
ビジネスの視点で切り取るのかで
見えてくる世界は
全く違ってきます。

そう考えると
違う視点を手にするだけで
今まで見てきたものが
また新しく感じることができ、
それってドラマチックだと思うんですよね。

新しい視点を手に入れよう

「私が幸せな人生」とは、
自分が持つフィルターの
選択肢を広げることで、
毎日をカラフルにするところから
スタート。

なぜなら人生は毎日の積み重ね、
その毎日がカラフルだと
波乱万丈でなくとも
とても濃ゆい時間を
過ごすことができるからです。

そのためには、
何かこれまで手にしてこなかった
ブログや本を読んでみるのが
お勧めです。

普段お話ししていない人と
おしゃべりするのもいいかもしれません。

明日は週末、土曜日。
普段とはちょっとちがった
行動をとることで、
新しいフィルターを
身につけるようなことを
してみませんか?

今日もお読みいただきまして
どうもありがとうございます。

ほしのひろこ

新しい視点を手にするために、行動する♡

記事がよかったら
お友達に紹介してくださいね!

子育てママが、時給から存在給へシフトする方法

存在給とは..

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。お仕事を優先すると育児がおそろかになる。
母親ならば、「仕事よりも育児を大事にしなければならない」という価値観
子供の成長に合わせて、その時ベストな働き方をしたい」

このような課題を抱えている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。

子育てママが、時給から存在給へシフトする方法
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス