パートナーシップ

私が大切にしている、良い夫婦関係を保つための2つの挨拶

一緒にパートナーと住んでいると、1日何度も挨拶を交わすと思います。その中でも私が特に大切にしている2つを紹介しますね。

こんにちは、星野紘子です。ブログを訪ねていただきまして、どうもありがとうございました。私は組織で働きつつ、個人でもお仕事を持ちネット時代を楽しんでいるアラフォーのワーママです。人とお金と時代に愛される女性を増やしたく、その基盤となるパートナーシップについても発信をしております。

良好な夫婦関係はデザインしていくもの

例え大恋愛で結婚したとしても、ドキドキはときめきというのは一定の期間が過ぎるとなくなります。賞味期限は2年くらいだと言われ、その後の長い夫婦生活はお互い人生を一緒に構築するパートナーへと変わっていくのではないでしょうか。そこで必要なのは良好な関係を築いていくデザイン力だと思っております。

大切にしている2つの挨拶

結論をいうと「行ってらっしゃい」と「お帰りなさい」です。『男は敷居を跨げば七人の敵あり』と言われるように、男性には女性の私にはわからない社会での気苦労があるのかなと思うんですね。もちろん女性も社会に出れば色々とありますが、きっと違う種類なんだろうと推測します。だから家から出て行くときと、外から帰ってきたときの挨拶を大事にしたいなと考えています。そうするときっと家庭に帰ってきてくれるから。家を好きになってくれるから。私は「家に帰りたいと思ってくれる家庭」をデザインしたいです。それは主人だけではなく子供達に対してもですが。

具体的にしていることといえば、子供達と一緒にお見送りとお出迎えです。朝、保育園に送りに行くために一緒に出るときなどはお見送りはないですが、できるだけ家族で迎え、家族でお見送りをしたいと思っています。きっとこういう努力の1つ1つはしずくのように小さなものですが、習慣化すれば家族のあり方として刻まれると思っています。

パートナーシップは創っていくもの

努力なしにパートナーシップをナチュラルに良好に保つって難しいのではないでしょうか。ある程度どんな夫婦関係を築きたいかをデザインする力が必要で、ここは女性がまず動いていいと思っています。命を育む女性は、家庭も育むことができます。どのように育んでいくかを設計して、理想の形に整えていけるとベストかなと感じております。パートナーシップは創っていくもの。どちらが先に一歩踏み出すかといえば女性かな、と思いますが、皆さんはいかがですか?


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら