パートナーシップ

知らなかった!「自分がして欲しい事を相手にも」は傲慢。

相手が欲しいものを
差し出せる器量を持とう。

自分が欲しいものではなく
相手が欲しいものを。

目の前の人の背景、考えを
共有しようと努力しよう。
自分がして欲しい事
=相手がして欲しい事
と安直に結びつけてしまうのは傲慢です。

新しい一週間が始まりましたね!
今、私は「時給から使命給へ」の
使命給の世界観を必要な方へ
一人でもお届けするために
無料音声コンテンツを作成途中です。

今月2度目の収録があるのですが
大体の内容が決まりましたので
共有しますね。

無料音声メルマガの内容(仮)

0.このメルマガの全体像とお届けする理由
1.使命給って何?使命給の素晴らしさとは?
2.どうして私が使命給を伝えるのか?
3.使命がないと幸せになれない時代
4.使命の見つけ方
5.使命は変化・成長するもの
6.女性こそ「使命給」に生きて欲しい!
7.人生の行く先を決めてください
8.心を満たし調えることが使命給への第一歩
9.黄金色の未来へ

【0.このメルマガの全体像とお届けする理由】
・今の仕事に違和感を持ったり、「働き方を変えたい」と思っている方へ「使命給」という選択肢があることを知って欲しい

・私自身もかつて働き方でたくさん迷った今ではオンラインで完結する収入源を持つことができたが、昔の自分の経験から働き方に悩む人たちのお役に立ちたい

・ただ、私がお伝えしたいのは、単に「お金を稼ぐ働き方」ではなく、『生き方そのものを変える働き方』

・「自分は何を目指して生きるのか?」「何のために生きるのか?」という『使命』を打ち出し、それに共感する人たちに喜ばれてお金をいただく
→それが『使命給』

・『使命』というと、重たく堅苦しいと思われるかもしれない。
けれど、使命は誰しもが持っている。

・この世に生を受けた以上、誰もがこの世界に生きる意味を持っている

・『使命』に気づくことで、むしろ生きるのが楽になる

・今の時代は、『使命』を打ち出すことで、お金まで生み出すことができる

・この『使命給』こそが、これからの時代を幸せに生きる働き方、いえ、生き方そのものだと思っている

・このメルマガでは、「使命給とは何か?」「どうして今、使命給なのか?」「女性こそ使命給に生きてほしい!」ということを、自身の経験を交えて伝えていく

オンラインサロン
「姫プロジェクト」では
私が構築するビジネスの裏側は
全公開しています。

ですので、サロンの姫の皆様には
音声の打ち合わせから
打ち合わせ議事録(↑)
さらに収録現場まで全部お見せします。

すでにご自身でビジネスを
なさっている方も多く、
参考になればと思います。

無料音声は来月公開できると
思いますので、
どうぞお楽しみになさってくださいね。

・なぜ、今の時代使命給なのか。
・え?私使命ってないんですけれど..
・そんな壮大な働き方、なんだか敷居が高い。
・どう生きていいのかわからない。
・すでにある既存のビジネスをさらに飛躍させる手がかりが欲しい。

このような方へおすすめです。
無料、とはいえ
私の中では
無料の意識は0です!
有料サービスも無料コンテンツも
届けるエネルギーは同じです。

いらないものは
ただでもいりませんから。

今、私が挑戦しているあり方に、
「相手が欲しいものを差し出す」
があります。

自分がして欲しい事を
人にもしよう。

幼い頃からそう教わってきました。
この考え方がベースにはなりますが、
もう一歩進んで

目の前の人が欲しいものを差し出す
≠自分が欲しいもの

を大切にしたいですね。

この音声コンテンツもそうです。
私が単に話したい事を話す、と言うよりも
目の前の方が欲しいと思っている事、
聞きたいと思っている事
学びたいと思っている事を配慮し
作っていきたいですね。

また、この視点なのですが
特に男女関係では重要ですよ。

自分(女性)が欲しいものと
相手(男性)が欲しいものって
違いますから。

男性が女性に求めるものは
「応援」です。
存在意義を示してもらい、
仕事を応援してもらう。

シングルタスクの男性の
心に火をつけるには
仕事に精を出し、
社会にお役に立っている自分に
なってもらう事。
そして、それを女性から
応援され、認め、受け入れてもらう事です。

女性と違うでしょ(笑)

相手が求めている事を
差し出せる器量を持とう。

今日から挑戦してみませんか?

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から使命給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・子育てと仕事を120%両立したい方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給だけの働き方では限界を感じている方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・自分でお金を生み出したい人
・家族の時間を大切に働きたい方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから