女の生き方

「遊ぶ」ってこんなに大切、大人女性の嗜みレベルなワケ

時給から使命給へ
姫ism 星野紘子です。

「遊び」とは
日常を少しの工夫で豊かにすること。

暮らしの中で「遊ぶ」。
日常に、余白、ゆとり時間を。

あなたは、
遊んでいますか?

「遊び」と聞くと、
どこかお出かけしたり、
非日常空間に身を置くイメージがありませんか?

もちろん旅も、
どこかに出かけることも
「遊び」ではあるけれど
私は「遊び」を再定義して楽しんでいます。

======
「遊び」とは日常を少しの工夫で豊かにすること。
======

自分の創意工夫で、
日常が豊かになれば、
人生は実り多いものだと思います。

例えば、お料理で一工夫をしてみるとか、
少し丁寧に下ごしらえをしてみるとか。

その先にあるのは、
いつもと違った景色ですよね。

私は小さな息子が3人、
平日はワンオペで家事育児を一手に引き受け、
まあまあ忙しいですが、
それでも遊ぶ余白はたくさんあると感じます。

日本人は一生懸命働く事を
美徳としているせいか
どうも遊ぶことに
罪悪感を感じている人が
多いように感じます。

そんなことは全くないのにね。

遊び、つまり暮らしの中の余白こそ
クリエイティブな発想の源泉です。

創意工夫をしようとする
余白、ゆとりの時間。
この時間の使い方が未来を作ります。

いつもギリギリ、
いつも時間いっぱいっぱい、
いつも急いで焦っている。

そんな状態で
新しいものを生み出すことは
できないでしょ。

新しいものを生み出すことが
できなければ
既存、つまり
過去の延長の未来しかないです。

ただ、目の前の事を
こなしているだけ。
ただ、過去のレールの上に
乗っかって
ベルトコンベアーで運ばれるだけ。

あなたは
そんな人生を望みますか?

遊びは、
イマドキの大人女性の嗜みです。

さて、遊びといえば、
インサイドアウトを学び実践する
オンラインサロン
「姫プロジェクト」では
こんな遊びで盛り上がっています!

オンライン花見です。

【オンライン花見開催のお知らせ】

姫の皆さま、春分も過ぎ、桜も咲き始めいよいよ春本番。世の中はまだまだ身動き取りづらい状況が続いてますが、オンラインで繋がってる私たちはそんなの関係ありません♡

大人の女性こそ本気で遊ぶべき!と言うことで『オンライン花見』を開催します!

****************

テーマ 『SAKURA』

【内容】SAKURAにまつわる写真、動画の投稿。

英語表記である理由は、植物の桜だけに止まらずデザインやインテリア、さらには日常のシーンであったり、そこにSAKURA(春)を感じるものであればなんでもOK!抽象度高めでいきましょうと言う意味が込められています

この投稿のコメント欄に随時アップして頂きますと、皆さんの投稿が散らばらずまとまって見やすいかと思いますので、投稿の際はこちらからお願いします。期限は本日より、4月末までを予定しています。

****************

お花見にはもともと予祝の意味があるそうで、日本人が古来より、秋の実りを桜に見立ててお祝いしていた事が起源だそうです。

先に喜び、先に祝う事でその現実を引き寄せる。予祝、宣言も大歓迎!自分の感性に引っかかったSAKURA(春)を自由に表現して全開で遊びましょう!

このSAKURAプロジェクトのおかげで
たくさんの春の投稿を拝見し、
日々癒し満たされ、
元気をいただいております。

日本は南北に長く、
様々なSAKURAの表情がありますね。
また、それを捉える姫の感性の豊かさよ。

季節を感じ受ける感性を磨こう。
これも立派な遊びですからね。

豊かさとは日常から生まれます。
日常の小さな工夫、気づきから
生まれてくるものです。

暮らしの中の豊かさに
目を向けよう。
遊ぼう。

小さな創意工夫して
昨日とは少し違った景色を見よう。

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から使命給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・子育てと仕事を120%両立したい方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給だけの働き方では限界を感じている方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・自分でお金を生み出したい人
・家族の時間を大切に働きたい方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから