パートナーシップ

産後、パートナーとの夫婦関係を良好に保つコツ

育児は心を共有する。父親と母親はできることは違うかもしれない、でも相手のしていることに目と心を向けることで、お互い気持ちが癒されるんだと気付いた出来事がありました。

こんにちは、ナチュラル・ウーマンCEOほしのひろこです。家庭の時間が増えるほどお金が増える、女性としてナチュラルな生き方をお届けしています。

先週の月曜日、夜中の授乳を私が対応できず、夫が代わりに赤ちゃんにミルクを飲ませて「眠い」と言われたことをきっかけに口論になりました。

「眠いだとーー???」
「私赤ちゃんが生まれて2ヶ月、一度も朝起こされずに寝たことないんだけれど!?」

こんな考えが頭をぐるぐる回り、喧嘩、というよりも私が怒り頂点に達して、結婚して以来の大爆発を起こしたのです。

▽詳しくはこちら

あわせて読みたい
授乳中の寝不足生活、頑張っていることを認めて欲しかったという話感情を自分でコントロールできないのは至急メンテナンスをせよ、のサイン。自動的に湧いてくる感情は、自分のいまの課題を教えてくれます。 ...

その後、夫は私に朝起きると

「昨日は何時に起きたの?」

「**(末っ子の名前)ちゃん、ミルクはどのくらい飲んだ?」

「最後に起きたのは何時だったの?」

と授乳の様子を聞いてくれるようになりました。

私は心がスーッと穏やかになり、なんとも満たされた感覚になりました。

「自分のしたことを認められたー!」

じわじわとした喜びを感じ、今日も夜起きて頑張ろうという気さえ起きました。

私は結局夫に一緒に夜中に起きて欲しかったんじゃなかったんです。

もちろんたまには変わってくれてもいいよね、とは思いますが、そこではなくて頑張っている私を知って欲しい、認めて欲しい、ハグして欲しい、という承認欲求だったんですね。

口に出して「よく頑張ってるね」と言われたら、一緒に起きなくても心は穏やかでいられるという気付きがそこにありました。

子育てはコントロールできない赤ちゃん相手で、24時間365日休みなしの大仕事です。

なので、なおさら心を共有することが大事。

父親と母親はできることは違うかもしれない、でも相手のしていることに目と心を向けることで、お互い気持ちが癒されるんですね。

今回の出来事を通して私は「心を共有する」大切さを知りました。

ナチュラル・ウーマンの生き方は日常に豊かさが散りばめられていることに気づくことでもあります。

その豊かさは感情が教えてくれます。幸せ・楽しいというポジティブな感情だけではなく、時には怒りや悲しみも大切なシグナルです。

自分の感情を丁寧に掬い取って、その先にある心の声を大切にしていこうと思います。


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら