オンラインサロン

それは希望の光だった

私がいつも持ち歩くノートパソコンはいたって普通のMacBookAirです。
でも、私はこのMacに救われました。

 

なぜなら、Macを通して
繋がる世界や人間関係が、
乳飲み子の育児に追われたいた頃の私にとって
唯一社会とつながっている細い糸だったからです。

 
 
 
深夜2時。
次男に母乳を飲ませる時間です。
ミルクを戻しやすい赤ちゃんだったので
授乳のあとはしばらく抱っこ。
 

 

 
すぐに寝てくれればいいけれど
そんなにすんなりいきません。

 
 
 
抱っこしてあやして
背中をトントンします。

 
 
 
ようやく寝付いたのが
午前3時頃。
やっと自分の時間です。

 
 
 
私はおもむろに引き出しから
新しいMacBookAirを取り出し
その先の時空にいる人たちと
メッセージのやり取りをします。

 
 
 
このMacは主人からの
プレゼント。
育児中で家にこもりっきりの
私を心配して、
少しでも息抜きが出来るようにと
サプライズしてくれたものでした。

 

 
私は夜中の3時であるにも関わらず
その時間が1日のうちで
一番楽しく、充実していました。

 
 
 
ネットを通して繋がる人たち。
本音をさらけ出しても
理解してもらえる人たち。

 
 
 
この新しい人間関係に
どれほど救われたでしょうか。

 
 
 
次男が生まれた時、
長男はまだ1歳。
当時は忙しすぎて記憶がありません。

 
 
 
その中にあっても
パソコンのお陰で
ほんの少しですが自分の時間を
持つことができました。
自分時間を作ってくれる
このMacは今でも私にとって宝物です。

 
 
 
今日もその愛用Macを使って
オンラインコミュニティ
「ブランブルー」の方々と繋がり、
メッセージのやりとりを
しています。

 
 
 
自分の気持ちをネットに書く。
情報発信をする。
そこでつながった
温かい方達を
近くに感じ
日々に幸せを受け取っています。

 
 
 
相棒Macちゃん、ありがとう♡
 
*******
オンラインサロン構築運営
&Webサポート
星野紘子


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら