大切なこと

謙虚の正体

子育てママを、時給から存在給へ
姫ism 星野紘子です。

ところはスペイン、バロセロナ。
華やかな音楽に乗り、
舞台に踊り出るのは
宿屋の娘、キトリ。

突き抜けるような明るさ、
エネルギー溢れ、生命力いっぱいに
観客を魅了します。

バレエの演目「ドン・キホーテ」の主役は
そのキャラクターから
いつもバレリーナの憧れです。

華やかな主役に目がいきがちですが
ストーリーの主役は
自らを遍歴の騎士ドン・キホーテだと
思い込み、農夫を連れて旅に出る
ラ・マンチャの郷士アロンソ・キハーノです。

風車が怪物に見えたり、
宿屋の娘キトリを自分の「思い姫」だと
思い込む滑稽さが話の
楽しみの一つですね。

さて、
「ドン・キホーテ」を喜劇だねと
笑うのは劇場だとして、
日常生活での私たちは
はて、どうなんだろうと
今日は問いかけます。

私はかつて自分が心を込めて
寄り添い、
結果を出し、
その方の人生を大きく前に進めたのにも
関わらず、

お礼を言うことなく
感謝も報告もないと
憤慨していたことがありました。

「私のおかげじゃないの?」

「お礼も報告もないなんて
もう二度と教えてあげない!」

鼻息荒く、
いつも怒っていました。

今考えると、
「感謝がないってどうよ!?」
と怒りの先にある
悲しみに浸っていましたが、

その人にはその人の世界があり、
私に足りなかったのは、
その人の見ている景色を理解する、
と言う視点でした。

人は見たいように
この世を見ています。
誰もが自分の思い込みによって
世の中を見ているのです。

自分が見ている世界を
相手も見ていると考えるから
怒りも湧いてくるのだと
知りました。

さらに言うと、
私の器がもっと大きく
魅力的であったなら
その人はまた違った対応を
したかもしれない。

感情を借りて
自分の品質を上げていくのが
人生だとするならば、
これもまた研磨剤です。

風車を怪物だと思い込んで
対決しようとしたり、
街ゆく女性を自分の姫だと
想いを募らせるドン・キホーテを
滑稽だと笑うことができなくなりました。

だって、
私も思い込みで生きているから。

自分が見ている世界は
自分だけなのだと知る。

ふと頭に謙虚さという言葉が
思い浮かびました。

謙虚さとは、
自分が見ている世界は
自分だけだと知り、
相手の見ている景色を
尊重する姿勢あり方ではないかな。

世の中は
多様な思い込みでできています。

自分はその万華鏡の
一部に過ぎないと知ることが
謙虚さなのだと思います。


【無料メールマガジンのご案内】

働き方から生き方を変え、圧倒的に豊かで自由な女性になりませんか?

収入源を自分でデザインできる生き方を目指しませんか。たった一度の人生、リハーサルなしの本番。だって最高に楽しく生きたいから!!

詳細はこちら