女の生き方

センスのいい生き方してますか?

子育てママを、時給から存在給へ
姫ism 星野紘子です。

「なんだか部屋の中で楽しそうだね。」

昨晩はオンラインサロン
「姫プロジェクト」の皆様と
夜遅くまで笑いあり涙ありの
濃ゆい時間を過ごしておりました。

夫は、私がいつも楽しそうだと
次の日の朝
話しかけてくれます。

何も1番じゃなくてもいい。
どんなポジションが自分にとって
心地よいかは人それぞれです。

起業するとなると
みんなコミュニティリーダーに
ならないといけないかと思いがち。

でも、そんなことはなくて
リーダーもいれば
リーダーを支える人もいる。

どこかでビジネスは
自分が立ち上げなくては
いけないと思っていませんか。

主役ばかりの劇は
面白くありません。

音響がいて照明がいて、
盛り上げる人がいて、
相手役がいて、
初めてストーリーは
出来上がるのです。

センスのいい生き方とは、
自分を知り
自分が一番エネルギーを
発揮できる場所にある、
そんな生き方ではないでしょうか。

みんながやっているから
自分もやる。
日本人にありがちな
歪んだ平等主義はいりません。

仕事時間を満喫した昨晩でしたが
今日は母の顔です。

色が変わりかけている
バナナを発見!
おやつはバナナケーキを焼きました。

オーブンからいい匂いがすると
まだー?
まだー?
と扉を覗き込む坊やたち。

小さな末っ子は
初めて片手をつないで
歩くことができて、
みんなで拍手。

ママとはまだ言えなくて
全部「パパ」。
ちょっとジェラシーです。

自粛生活ですっかり
母であることが多くて
仕事はほぼほぼリビングで。

アップルの創業者
スティーブ・ジョブスが
ガレージで起業したことから
ガレージ起業家という言葉ができたけど、
私はさながら「リビング起業家」かな。

母の生き方は多様でいい。
自分がどんな生き方がしたいのか。
どうありたいのか。

自分を知ること。
自分を表現すること。
いつだって自分が物語の主人公。
こんなお母さんが溢れる
来年の母の日でありますように。


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら