女の生き方

私は40代で、生き方を変えることができました。その秘訣は○○

時給から存在給へ
姫ism 星野紘子です。

私、ある視点を手にして
実践した結果、
生きるのがすごく楽になりました。

その視点とは
インサイドアウトです。
自分がコントロールできることに
注力をする、というあれ。

お届けしますね。

初めましての方から
ご感想が続きます。
こちらは
「週末スタバに行ってやってほしいこと」
にご返信をいただきました。

走りながら未来を考えるのは
難しいので、
時間を取って自分と
向き合ってくださいね、と
お伝えしてした内容でしたね。

『立ち止まる。』
絋子さんから頂いたメルマガを読んで、出来ているようで、出来ていない自分を思い出しました。
ゆっくりとした時間、早速試してみます。

また、こちらは昨日のメルマガへの
ご返信です。

ひろこさんの凄い丁寧な返信が良いですね〜〜♫
有難う御座いました(^ω^)

不安ながらも、
大変ながらも、
どうしたらいいかも
分からなくても、
前に進む!

そんな意思を
感じますね。

やはり、
女性の方が
度胸がありますね。

特に、
母は強し!!!

とても、
応援させて頂きたくなりますね。

素晴らしい方々が
お集まりになる。

本当に、
素敵です。

こちらはお二人とも
男性からのご感想でした。
循環させていただきまして
とても嬉しいです。

メルマガの内容だけではなく
働き方生き方について
迷っていることや
悩んでいることなど
お気軽にご返信くださいませ。

メルマガでお答えすることで
新しい価値を生み出すことが
できますので。

さて、今日は
未来を定めるときに
最初に手にしてほしい視点を
お届けします。

何名かの方に
最初にやる事は何ですかと
質問をいただきましたので
この場でお答えしますね。
ありがとうございます。

それは、
インサイドアウトの視点を
学び実践することです。

インサイドアウトとは、
スティーブン・R・コヴィー著作
「7つの習慣」という書籍に
書いてあるものです。
ご存知でしょうか。

全ての物事は
インサイド(=自分発)であれ。
コントロールできない
アウトサイドは手放すべし。

紘子訳ですと
こんな感じかな。

この視点は
2500年前の中国、
四書五経にすでに書かれているもので
人としての生き方の本質だと
私は理解しています。

その現代版で有名なのが
「7つの習慣」ですね。

女性は自分をご機嫌にするとか
気力を満たすことが
大事とよく言われますが、
それだけだと片手落ちです。

食欲・性欲・睡眠欲を
満たして
自分をご機嫌にすると
いいことがある、は△ですね。

それだけじゃダメ。

そうして満たされた
生命エネルギーを
どこに注ぐのか。

この視点はめっちゃ大事ですよ。

私はこの視点を一年間かけて
経営塾で学び、実践し、
生きるのが非常に楽になりました。

自分の使命を明確に掲げ、
そのために自分が
何をすべきかはっきりと
理解しております。

生きる軸ができた。
自分は何のために生まれてきたのか
心の奥底から
感じ受けることができました。

その結果、
ビジネスは結果が大きく出て、
パートナーシップはさらに良好、
エネルギーに満ち溢れた
いけてる男性とご縁を深め、
男性女性から
応援支援いただける自分に
アップデートすることができました。

全てはインサイドアウトの
あり方を実践した結果なのです。

自分でお金を生み出す
経済力を身につける、
存在給へシフトするには
自分を表現すること、
自分を知ることが【やり方】として
重要です。

しかし同時に【あり方】も大切で、
それがインサイドアウトなのです。

ただ、そうは言っても??だと
思いますので、
これは9月中旬からご案内をする
オンラインサロンで
詳しく解説、メンバーの姫たちと
実践していきます。

ご興味があるからは
レターをお待ちください。

実践し、結果をだし、
しかも女性、
3人の息子を育てる子育てママが語る。
これができる人は
極めて稀だと自負しております。

全ては自分が
コントロールできることのみに
注力する。

ここを意識し
実践していくと
見える景色は変わりますよ。

未来を定めるために
最初にするべき事は
インサイドアウトの視点を
手にする事です。

渦は内側から巻きます。

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから