働き方

え、副業禁止!?でも時代の波に乗る秘訣

時給から存在給へ
姫ism 星野紘子です。

情報発信を始めよう。
最初は小さくても構いません。
まずは自分を表現するところから。

中には現在お勤めで、
副業禁止の方もいらっしゃいますよね。
でも、それでも前に進むことは
できますよ。

お届けしますね。

初めましての方から、
大変丁寧な感想をいただきました。
きっとこの内容は
あなたにも通じるところが
あると存じますので
ご紹介しますね。

星野紘子様

お世話になっております。先日は直接のご連絡を下さり、ありがとうございました。バックナンバーも読ませていただきました。直接メールをいただけるとは思っておらず、慌てている間に、お礼のご連絡が遅くなり申し訳ございません。

紘子さん(と呼ばせていただいてもよろしいでしょうか?)のメルマガをいただきながら、ずっと感想をお伝えしたく、迷いに迷っていたのですが、昨日のメルマガがとても心に響くもので、勇気を出して直接ご連絡しているところです。

メルマガ登録時に登録の理由で書いたように、現在育休中ですが、これからの仕事に迷いを感じています。それだけではなく、このメルマガを登録するまでに離婚危機などもあり、生き方そのものに迷いを感じ、自分自身を見つめ直す作業をしているところです。

これまで全てを周りのせいにしていた自分に気付き、ようやく、全ては自分次第なんだ、自分が自分のことをしっかりと理解して、自分が望む方へ行けばいいのだなというところまで、腑に落ちるようになったところです。

そして、これからの仕事について、辞めようか続けようか、辞めるならどうするかということを考えています。ですが、ブレーキが私の中には2つあります。

1.公務員である今の安定を捨てて子どもを養っていけるかの不安(勇気がない)

2.私は誰のために何のお役に立てるか、立ちたいと思うかがはっきりとはわからない(進む方向がわからない)

1つ目ですが、現在3歳1歳の子どもを育てているので、先は長く貯金も十分あるわけではありません。公務員なので、副業はできず、紘子さんのおっしゃるハイブリッドから始めることができないので、スタートから仕事を辞める or 続けるの選択かなと思い、尻込みをしています。

もう一つは、私自身誰のためにどのような形でお役に立ちたいのだろうというところの見つめ直しがまだできていないと思っていて、私に何ができるのだろうとここ数週間毎日自分に問いかけています。

今はまだ単に、『自分が豊かになりたい』それだけの欲のように思います。でも、誰かのため、でない限り、行き詰まることは分かっています。

紘子さんのお姿を拝見していると、誰のために、どのように役に立てるかという部分が紘子さんの中でしっかりとされているから、届けたい方に届けたいメッセージが伝わり、その結果として豊かになっておられるのだと思います。そして、その勇気ある決断やこれまでの取り組みの努力に、ただただ尊敬するばかりです。

2つ目に関しては、私自身が自分の人生で何をやりたいのか?という根本的ない問いであると思っています。ここから逃げるわけには行かないし、だからこそ今すごく苦しいです。

こう書いているだけでも涙が溢れてきます。自分は自分に向き合うしかない、ただ今そう思っている中で、紘子さんのメルマガをすごく励みにさせていただいています。個人的なことを長々とすみません。本当にいつも配信下さいまして、ありがとうございます。

どうもありがとうございます。
メルマガが励みになると
言っていただきまして
とっても嬉しいです!!!

情報発信を始めるにあたり
率直な気持ちをシェアいただきまして
ありがとうございます。

>公務員なので、副業はできず、紘子さんのおっしゃるハイブリッドから始めることができないので、スタートから仕事を辞める or 続けるの選択かなと思い、尻込みをしています。

お気持ちは分かりますよ〜。
結論から言いますと、
存在給の最初の一歩、
情報発信は、自分を表現することであり
お金を稼ぐことではないんですね。

もちろん続けた先には
お金がありますが、
まずは自己表現をすることが大切です。

自分を表現するとは
人が持つ本能でして
ここを止める規定は
例え公務員でもないのではないでしょうか。

ただ、人の目が気になるということであれば
発信する時の名前を
本名ではないペンネームにするなどの
工夫はあったほうがいいですね。

ちなみに、私は
最初自分の名前で発信することに
ものすごく抵抗がありまして
ペンネームで発信していました。

写真も自分の顔を出すなんて
とんでもなかったので
デザイナーさんに
イラストを書いてもらい、
私だと分からないようにしていました。

ペンネーム、
ビジネスネームを使うというのは
情報発信ではメジャーですので
お勧めいたしますよ。

まずは自分を表現するところから。
今日はどんな1日でしたか?
どんな楽しいこと、豊かなことが
ありましたか?

自分の感じ受けた日常のあれこれを
どうぞ表現してみてくださいね。

言葉で表現しなくとも
最初は写真だけでもありですよ。
SNSですと、
インスタは写真をシェアする場ですから
ご活用いただいてもいいかもしれません。

さらに、お勧めなのは、
まず安心安全な場に身をおくことです。

いきなり自分を表現してくださいと
言われても
99%の人は無理でしょう。
最初から世界に向かって
表現しなくても大丈夫です。

そういう時は自分が信頼をおける
安心安全な場で
少しずつ自分を出すことをお勧めします。

安心安全な場はどこでもいいですが、
私の場合ですと
オンラインサロン「姫プロジェクト」を
ご用意しておりますので、
ぜひ選択肢にお考えください。

まとめると..
公務員の方、
副業が禁止の会社員の方。

自分だと分からないようにして、
小さくてもいいので情報発信、
自己表現を始めてください。

信頼できる
安心安全な場に
最初は身を置くと効果的です。

>2.私は誰のために何のお役に立てるか、立ちたいと思うかがはっきりとはわからない(進む方向がわからない)

はい、これは多くの方が
悩まれるところなんですよ。

「誰をどう幸せにしたい?」
「なぜ私が?」

人は誰でも使命を持っています。
でもこの使命が発揮されるには
順番があります。

まず、自分の成功です。
自分自身が豊かであること。
誰かのせい、
環境のせい、
何かのせいにするのではなく
全て自分ごととして受け入れ
自分が人生の主人公である。

豊かさを定義し、
自分が満たされていることを知る。

そうして初めて
誰かのためのお役に立とうと
気持ちが自然と湧いてきます。

だから、もし誰のために?という
他者のことが頭に浮かばないなら
それはもっと自分を満たせよの
サインだと私は考えます。

ビジネス講座や
オンラインサロン、
様々な人との出会いを通して
私は人は本来魂が喜ぶ自分の進むべき道を
知っていると確信しています。

すでに持っています。

この視点に立った時
それを外に探すのではなく
自分自身にベクトルを向けて
向き合ってほしいと思います。

必ずあります。

じゃあ、自分の使命、
自分の生きる道
定めたい未来はどうやって
見つけるの?ということですが、
これは他者との交わりでしか
見つけることはできないと私は考えます。

一人じゃ分からないのです。
自分の姿は鏡にうつさないと
わからないですよね。

だから、信頼できる他力を
借りてほしいと思います。

人と交わることで
初めて人は自分の価値を知ります。
なぜなら価値とは
人との差異なのですから。

3歳1歳のお子様を育てながら
働かれて家事育児をなさっているんですよね。
もう、超人的ですから。
凄すぎます。
自分を褒めまくってください。

毎日は忙しく
時間に追われてることも多いと
存じます。

でも、自分の人生を
絶対に諦めないでください。

M様の人生は、M様だけの
ものではありませんよ。
小さなお子様はきっとお母様の
背中を見ておいでです。

お母様の生き方は
そのままお子様の生き方。
未来を作ります。

だからこそ、
勇気を持って一歩を踏み出して
ほしいと思います。

ご自身を表現することを
小さくてもいいので始めてください。
安全安心な場が必要なら、
自分を知る他力が必要なら
ぜひサロンにもいらしてください。

世界中にいる知的で情熱的な
自分の人生を生きる姫たちが
大切な仲間として
お迎えする準備をととのえています。

長くなりましたが、
何か前に進むヒントになればと
存じます。

ご感想をいただきましたM.T様。
どうもありがとうございます。

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから