大切なこと

オンラインサロン、コミュニティリーダー必見、教えている勘違い

人に教えている人、
自分が雛壇に上がってないかな。

教えている人と
上下関係ができていないかな。

相手の成長を一歩でも促進するのが
教える人ならば、
自分の心を人一倍調えないといけないね、
そんなことを教わりました。

痛すぎすご指摘です…

今日の埼玉は
暖かくて、
コートが入らない陽気でした。

そして、
小一長男と
年中次男は初めてのお使い。

牛乳1本を手に、
レジに並んで会計、
お釣りと品物を持って帰るまで
頑張ってくれました♪

私は途中までついて行って
そっと見守っていたのですが
母さん、涙なみだ。

嬉しかったです♪

嬉しかったといえば、
サロンメンバーさんと
昨晩は遅くまで語りました。

本来お持ちの可能性を
存分に発揮されようとされる
そのお姿に、感動しました。

その方のダイヤモンドは
本当に今そこにあると
感じる時間でした。

心から敬意を払います。

敬意、といえば
私は長らく教える、伝えることを
勘違いしていたかもしれません。

自分が経験したことを伝える。
形にして渡す。
いつの間にか
それが私にとって教えることに
なっていました。

でも、このままだと
「おごり」の始まり。

もちろん、
何かを形にしてお伝えするのは
やり方として必要です。

しかし、その前に
とても大切なことがあります。

それが、
無条件に
相手の心に敬意を払っているか?

今がどのような状態であっても、
海のように深い
相手の心の奥に眠る
可能性をどこまでも信じているか?

多くの方は
「教えているつもり」の
教えたがりだ、と
メンタルコーチに教わりました。

教える前に
あなたは相手の心に敬意を払い
どこまでも可能性を信じているのか?と。

集まる人よりも高い雛壇にいることで
どこか自分が特別だと思ったその瞬間から、
上下関係が生まれ、
コントロールし、される関係が生まれる。

さらに進むと
依存する体質の集団になる。
依存の根本的な原因は劣等感。

お互いの劣等感で結び付けられた
偏った”おかしな”場になってしまう。

情報発信をお伝えして6年、
私は自分が雛壇に上がっていたと
勘違いしていたことが
なかったかな。

痛すぎるご指摘は
本当にその通りで
メモをとり、
今後忘れないようにしようと
パソコンに保存しました。

心の癖、考え方の偏りは
誰しも筋金入りです。
ずっとそう生きてきたから。

でも人は気づいたら
改心しようとするし、
都度立ち止まり、
自分がありたい未来の生き方を
意思を持って選ぶことで
変わっていくものだと思います。

都度立ち止まり
ありたい未来へ一歩でも
すすむ選択肢をとる。

オンラインサロンで
お伝えしているインサイドアウトの視点は、
生き方の指針です。

どこまでも自分への要求ですね。

「周りがついてきてくれなかった」
「話を聞いてもらえない」

いやいや…
その前に、
あなたのどんな心が
その状況を作り出したのか?

どこまでも自分要求なんだな、と
最近の気づきでした。

★プロフィール★

あなたの人生ストーリーをお金に変える。時給から使命給へ。星野紘子です。

幸せな家族を増やすため、家庭を持つ女性が圧倒的に豊かになる使命給という働き方を伝えています。女性が家庭:仕事=7:3で月30万円を稼げる仕組みを持つことと、家庭を育む力を応援してます。

秋に開校予定のオンラインビジネススクール、オンラインサロン「姫プロジェクト」を主催。

プライベートでは小学生・年長・3歳の男の子を絶賛育児中。趣味は料理、緩やかなグルテンフリー生活、また日常のひと工夫でマイルを貯めてあちこち飛行機に乗って旅をするのが好きです。

★使命給の世界を学んでみませんか?★

【無料メール講座】
時給から使命給へ。
生きる姿がお金になる働き方7つのステップ

まずは詳細をご覧ください。
こちらから