Web

40%で上出来、未完成が美しい理由

今週も始まりましたね。
どんな日曜日を
お過ごしでしたか?

私は今日もインフルエンザの
次男と家で缶詰かな。

朝、暖かいおかゆさんを炊いている
鍋の横でメルマガを書いてます。
台所が書斎ですね。

「完成されたもの、
完璧に仕上がったものじゃないと
世の中に出しては
いけないんじゃないかな」

もしあなたが
そう思っていらっしゃるなら
少し緩めて欲しいなと思います。

なぜなら、未完成だからこそ
美しいのだし、
人の心を動かすからです。

私はお天気お姉さんになりたくて
でもなれなくて、
自衛隊の就職活動を失敗し、
Web制作現場のプロデューサーに
なりましたww

とっくにお天気おねえさんを
諦めていたある時、
知り合いの気象予報士の男性から

「お天気おねえさんのコラムの
執筆をお願いしたい」

と言われました。

「あの..私、なれなかったんですが..」

「オーディション、受けられなかったのに、
私でいいの?」

尋ねると、予報士の資格を
持っていればいいとのこと。

「なら私でもできるけれど、
キャスターじゃないのに
何を書けばいいんだろう?」

家に帰って弟に相談したところ、

「Web制作の裏側を書けば?
人って裏側に興味あるからさ。」

「ホームページってみんな
完成品しか知らないよ。
どうやって作られるか
知ったら面白いよ!」

遊び上手な弟は
いつも斜め上からの発想で
私を助けてくれます。

弟の助言に勇気付けられた私は、
お客様に許可をいただき
お天気おねえさんコラム..否、
Webサイト制作の裏側を
連載することになりました。

例えばこんな感じです。

デザイナーさんとのやりとりで
注意していること、

どんなサイト構成を作るのか、
その判断材料になるのは何か、

お客様の理念をどうやって
このサイトに落とし込んでいくのか、

一連の作業で一番大変なのは、
トップページのデザインであること。
それはなぜか…

書く内容は自由でしたので、
他の方がお天気のことを書いている中
私はせっせとWebサイト制作の裏側を
書いていきました。

するとどうでしょう!

アクセスがどんどん集まり、
なんとそのサイトができたときには
どーっと人が流れていったのです。

そのときに思いました。

・人は出来上がっていく途中に興味がある
・すでに出来上がったものよりも
今、ここを頑張っている姿に心を打たれる
・未完成なものこそ、外に出したほうがいい!

つい自分の中で納得がいくものが
できて初めて世の中に出そうとするけれど
それじゃあ、もったいない。

人はね、完成されたものではなくて
一緒に作り上げていくことに
価値を感じるのです。

一緒に育てていく感じがたまらない。
未完成だからこそ
共感が生まれるのだし
美しいんだと知りました。

情報発信も同じこと。
何かきちんとしたものでないと
人に見せてはいけないのでは、

とか、

完成されて形になったものしか
世に出してはいけないのではないか

とか、

まだまだ未熟だから
もっとちゃんとしてからじゃないと
発信しないといけないんじゃないか

とか、

全くそんなことは
ありませんよ☆

むしろ
そういう葛藤や
悩んでいる姿こそ
貴いのだし、
人の心を動かすのです。

だから、どんどん未完成な
自分を出していってくださいね!

40%ぼんやり形になっていれば
上等です!
発展途上なところに
価値があるのですから。

未完成だからこそ外に出す


【無料メールマガジンのご案内】

働き方から生き方を変え、圧倒的に豊かで自由な女性になりませんか?

収入源を自分でデザインできる生き方を目指しませんか。たった一度の人生、リハーサルなしの本番。だって最高に楽しく生きたいから!!

詳細はこちら