女の生き方

時間を取りましたか?自分のために。

こんにちは。
ほしのひろこです。

いつもお読み下さる皆様、
感謝の気持ちでいっぱいです。

自分の人生を生きる
女性の生き方、
「姫」の視点や思考を
お届けしています。

最近メルマガにご登録いただいたから
嬉しいメッセージをいただきました!

↓↓↓   ここから ↓↓↓

=========================

Sさんの経営塾でご一緒していて、
ひろこさんのたおやかさに憧れています。
The Lady♡

=========================

なんと…
たおやかとは..
最大級の褒め言葉です。
嬉しい><
どうもありがとうございます!

リアルでお会いして
そのあとメルマガを
ご登録くださる方が
増えてきております。

ありがたいですよね。
リアルに勝るものはなく、
これからはイベントや
ワークショップなども
開催していこうと思っております。

あなたにも
お会いできる機会があれば
嬉しいです!

幸せとは
豊かな日常生活のこと。

私の場合、
幸せとは海外に行ったり、
ホテルや旅をすることではなく、
毎日の日常生活でした。

スタバで出会ったお母さん

先日スタバでコーヒーを
飲んでいた時、
ふと横を見ると、
スヤスヤ眠っている赤ちゃんを
抱っこ紐で抱いて、

マフィンとコーヒーを
食べようとしている
お母さんがいました。

ホッとした様子で
窓の外を見て
自分の世界に入っています。

きっと、子供が寝ている間に
自分へのご褒美時間を
取られているのでしょう。

育児の合間の
宝石のような自分時間。

そんなお母さんを見ると
勝手に共感し、

「赤ちゃんが起きませんように」

と祈る私がいるのでした。

思えば私は、
育児の時に自分時間を
取ることができない母親でした。

お母さんは、
子供のために
いつも頑張らなければならない。

いつの頃か身につけた
そんな価値観に縛られ
苦しかったけれど
苦しいと言えず、

苦しい自分が未熟なんだと
さらに首を自分を責めていました。

子育てに余裕が出てきた
今になってわかるのですが、

女性にはもれなく
一人になる時間が必要です。

内省することで
自分がどこに向かっているのか
今苦しいのはなぜかなど
知ることができるからです。

幸せとは何?

例えば、あなたにとって
幸せてどういう状況ですか?

それは一人一人違うはず。

世の中基準の「幸せ」を
追い求める必要はありません。

自分と向き合う時間がないと
多くの場合、
世の中基準の「幸せ」を
追い求めるはず。

・南の島へ行ってのんびりする
・海外を飛び回る
・ホテルに優雅に宿泊生活

雑誌に載っているような
華やかな幸せ。

でもそれが自分に
当てはまるかなんて
わからないです。

自分と向き合うことで
言葉を再定義しましょう。

仮に今日が世界が終わる
最後の日だったら、
何をしますか?

この質問は秀逸です。

きっと人は最高の時の
過ごし方をするからです。

私はあちらへ行きたい
こちらへ行きたいと思っていたのですが、

家で家族と過ごし、
子供たちと一緒に遊ぶだろうなと
思っています。

私にとって
幸せとは日常生活でした。

内省と祈りと

人は一人の時間に
成長すると言われています。

あなたは今日、
おひとりさま時間を
持たれましたか?

令和を軽やかに生きる
女性の在り方を
携えた女性たち「姫」。

姫にとって
内省と祈りは
欠かせません。

一人の女性である時間を
意識してとってくださいね。

自分との対話をすることで
初めて本当に望む
人生の旅は始まるのですから。

Be Lady
Be Colorful!

ほしのひろこ

おひとり様時間を持つ♡

この記事がよかったら
お友達にブログをご紹介くださいね!

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから