ブログ

『赤毛のアン』のような豊かな日常を味わう秘訣。

こんにちは。
子育てママを、時給から存在給へ
姫ism 星野紘子です。

日常生活を味わい尽くすには
世界を見る解像度を上げること。

解像度を上げるとは
目の前の出来事の裏に
どれだけのストーリーを
感じ取ることができるか、です。

この想像力・味わう力こそ
毎日を豊かにする秘訣です。

輝く湖水、恋人の小径。

カナダのプリンスエドワード島の
美しい風景と日常を、
持ち前の想像力で
それは素晴らしい世界にした、
ルーシー・モード・モンゴメリの小説
『赤毛のアン』の主人公、
アン・シャーリーのように。

今日のお昼は家族でお出かけ。
自転車で行くことになった
お兄ちゃん達と夫。

お兄ちゃん達は
出かける前に玄関で
喧嘩を始めました。

長男は自分の自転車で行きたい。
次男はお兄ちゃんと一緒に
パパの自転車に乗りたい。

そのうち、

ママーママーー
わーーーーーーーん!!!

泣き声がして
長男が私に抱きついてきます。

話を聞くと、
弟の希望を聞いて
譲ってあげたとのこと。

僕、譲ってあげる。
でも悔しくて。

ウンウン、悔しいね。
長男は、勝ち負けの価値観が強く、
負けることが人一倍嫌いなのです。

譲ることは負けることではないよ。
伝わったかな。

また、家族でご飯を食べた後
桜を見に行きました。

まだまだ3分咲き。

思えば去年の桜は
首が座らぬ末っ子ちゃんを
ベビーカーに乗せて
おくるみを掛けて見に行ったっけ。

でもそんな末っ子ちゃんも
もう伝え歩きを始めました。

子供は成長すべきもの。
わかってるよ、
わかっているけれど
あなたは大きくならないでほしい〜。

今日一日を振り返ると
特に何か大きなイベントが
あったわけではありませんでしたが、

こういう平凡な中にも
小さな成長があり、発見があり
葛藤がありの一日でした。

日常をどれだけ豊かにするかは、
世界を見る解像度の高さによります。

きめ細やかに
繊細に。

人生が一つの物語とするならば
毎日だって一つの物語です。

今日のテーマは何でしたか?
自分はどう乗り越えた?
そこで何を思った?

新型コロナウイルス騒動で
社会は大きく変わろうとしています。
でも毎日は相変わらず
豊かさに溢れ、
たくさんの喜びがあるはずです。

世の中の流れに流されて
目の前にある宝物を
素通りするのはもったいない。

今こそ解像度を上げて
日常を味わい尽くしませんか。

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから