働き方

龍神様パワースポット、江島神社に行ってきました!

時給から存在給へ
姫ism 星野紘子です。

江ノ島合宿に参加して、
私はやっぱり
女性をもっと自由にしたいんだと
気付きました。

旅写真と共に
お届けしますね。

昨日一昨日の2日間、
江ノ島に行ってきました。
1年間ビジネスを学んだ
経営塾の合宿でした。

この経営塾の主催は、
リザーブストック創業者で
いらっしゃる相馬さんです。

ご自身の経験を踏まえた
経営についての視点を
1年間かけて学びました。

修了証をいただきました。
「マスターオブロード」という称号を
いただきましてね。
右手前にあるのが
その記念のトロフィーです。

学びは多岐にわたり、
私はおかげさまで
大きく自分の視点をアップデートすることが
できましたよ。

具体的な内容を書くと
それだけでセミナーができるくらいの
ものなので、
また場を改めたいと思います。

1日目は4時間しっかり学び、
2日目はパワースポットで有名な
江島神社に行ってきました。

江島神社は
かつて空海上人が立ち寄ったとも
源頼朝が戦勝祈願に訪れたとも言われています。

今日はその高い氣を
あなたに
お裾分けしますね♪

お宿から徒歩で5分程度、江島神社に到着です。
なんだか竜宮城みたいでした。

階段を登ると「赤」な世界がそこに。
日本の神社と言うよりも、中華系なイメージでしたよ。
人が全然いなくて快適です。

おみくじ。
青と白と赤のコントラストが美しかったです。

そばに幹が2つに分かれているイチョウの木がありまして、
なんでも縁結びの場所だそうです。
たくさんの良縁結びを願う絵馬がありました。

神社を参拝したら終わり..ではなくて
ここからがスタートでした!
江島神社て、たくさんのアトラクションがある
江ノ島ランドなイメージです。

では、次のスポットに歩いていきます!

階段の横にあった「猿田彦大神」。
私、原宿駅の上にある「猿田彦珈琲」がお気に入り。
神社の名前だとは知っていましたが、
まさかここで遭遇するとはね。

どこか懐かしい風情ある道でしょ。

途中立ち寄ったカフェのテラスからみた海です。
左下に見える「赤」が印象的でした。
さて、下まで降りるぞー!

急勾配です。

下まで降りて、岩場を散策し
洞窟へ行きました。
洞窟の奥には、竜神様が。
写真が暗くて分かりにくいのですが、
神秘的な場所でしたよ。

そこから船で戻ります。
ランチは、
江ノ島小屋の「まかない丼」。
とれたてのお魚のなめろう、
美味しいワサビと
豪快なノリで堪能しました。

*江ノ島小屋
http://enoshima-koya.com

全国海鮮丼部門1位を5回も受賞。
予約しなかった方は30分待ちでした。
お丼を食べた後は、右のお出しをかけてお茶漬けに。
最後まで楽しめました!

一緒に頼んだのは
手作りジンジャエール。
辛口で、お食事にとてもあいましたよ。

幸せ♪

楽しい小旅行でした。
もう、家族のおかげです。

私は3人の小さな子供がいて、
しかも末っ子は1歳です。

でも夫は温かく応援し、
私を送り出してくれる。

いつもありがとう!!!

私ね、小さな子供がいるお母様でも
家族に応援されながら、
自分のために旅行に行ける、
そんな社会になったらいいなと思っています。

人間関係の制約なく
望む幸せを受け取ってほしい。

人間関係の制約とは、
ママ友や親戚、
職場の人たちだけではなくて
家族や子どもも含まれます。

子どもありき、ではなく
自分ありき。
自分はどうしたい?から
スタートすること。

江ノ島合宿に参加して、
私はやっぱり
女性をもっと自由にしたいんだと
気付きました。

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから