働き方

働き方が分からない?

働き方改革、とよく聞くフレーズだけれど
そもそも自分が本当に望む働き方ってなんだかわからない、というひとは
多いのではないでしょうか。

特にずっと組織のなかで働いてきた人は
組織のなかで働くことがデフォルトになっているので
働き方をかえる=就職する会社をかえる
と思いがちです。

かつての私がそう・・・

でも、働くって会社員だけじゃない。
組織を離れて例えば自営業で生活するのも働くということ。

本当に心から望む働き方をその方から見いだすことができたら
これほど嬉しいことはないな〜。

働き方を変えると生き方を変えていくことができる。
なぜなら起きているほとんどが働く時間なひとが多いから。
だから、「働き方」を切り口に
自分が本当に望む人生を考えてみるのは
とてもいいと思うんですよね。

【自分にフィットする働き方から生き方を創る】

私は「誰に」「何ができるのか」
実直に追求していきます。

最後に感銘を受けた考え方をシェアしますね。

——————————————-

<成長のヒント>
「私とは、なにものか?」を伝えるには
今の周り(環境)を説明したら、だいたい分かるもの。

それを逆説的に言うならば

周りといい関係を築いていくことで
自分も、仕事も、人生も
よく作っていけるということ。

…ということは

自分らしさや、やりたいことを探求するよりも

・一緒にいたい人は、どんな人か?
・誰のお役に立ちたいのか?
・その人たちに、何をしてあげたいのか?
・そして、今すぐできることは何か?

それらを追求して
実直に行動する方が、はるかに近道。

「何をするか」よりも先に
「誰に対して」を大切にしていたら

自然と
自我を超えた
本来の自分が確立し(本質が現れ)

ワークスタイル(自分らしい働き方)になっていき
ライフスタイル(自分らしい生き方)がつくられていく。

あなたの光に触れる全ての人たちが
幸せと豊かさに包まれ

その光の波が
世界の果てまで広がることを祈っています。

小田真嘉

————————————-


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら