大切なこと

「変われる人」は○○な人

こんにちは!
ナチュラル・ウーマンCEO
ほしのひろこです。

ナチュラル・ウーマンの皆様
豊かなお一人様の時間に
なりましたね。

いつもお読みいただいます皆様
どうもありがとうございます。

初めての方は
はじまして。

ご縁をいただきまして
感謝の気持ちでいっぱいです。

【「変われる人」は○○な人】

今日は私が10年以上学んだ
バレエ学校での経験から

バレエが上達する人と
ずっと変わらない人の
違いはどこにあるのかを
お届けします。

自分を主人公として生きる
ナチュラル・ウーマンになる過程で

何度か巡ってくる
自分の限界を超える時に
何をしたらいいのか。

それは、

********************

 決めること

********************

私は南青山のバレエ学校に
10年以上通いまして

バレエを踊りだけではなく
その精神的な面も
みっちり学んだ期間がありました。

週4-7日通い、
バレエのために会社に行ってお金を稼ぎ
バレエのために有給を使っていたような
生活をしていました。
(嗚呼、独身貴族)

大人からの学びなので
プロを目指すわけでもなく
ただ単に好きだから
通いつめていました。

そこには同じような情熱で

「もはや趣味とは言わせない」

レベルで打ち込んでいる仲間が
たくさんいました。

ニューヨークにお稽古に行ったり
パリのオペラ座に弾丸ツアーに
行っている人もいましたね。

当然みんなバレエが上手になりたいので
一生懸命練習します。

でもですね、

同じように練習していても
圧倒的に上手になる人と
ずっと同じところで
止まっている人がいることに
私は気がつきました。

「この差はなんだろう・・・」

先生にそっと聞いてみたことがあります。

先生から言われた答えは

「舞台に出ている場数ですよ」

でした。

先生)「1回の舞台は100回の練習に勝ります」

先生)「大人から始める多くの方は

    ”私が参加するのは場違いじゃないだろうか”
    と遠慮します。

    だから変わらないんですよ。」

先生)「”場違いじゃないレベル”はどこでしょうか?
    それを求めていても永遠にきませんよ。
    バレエに終わりがないものだからです」

先生)「つまりね、
    舞台に出ると決断できるかどうかですよ」

これは、大きな発見でした。

その時私はまさに

”私が参加するのは場違いじゃないだろうか”

と思って、年に2回ある舞台(発表会)を
出るのをどうしようか迷っていたからです^^;;

”私が参加するのは場違いじゃないだろうか”

=自分へ自信がない

と言うことだと思うのですけれど、

この「自信がない」の後には
たくさんの”言い訳”があります。

だって、まだ習ったばかりなんだもの
だって、お金がかかるんだもの
だって、時間がないんだもの
だって、仕事が忙しくなるかもしれないんだもの

正直未来のことなんて
誰もわかりません。

不確定な未来はみんな平等です。

その中で、やるかどうか。
ここに尽きるんですよね。

【決めること】

自分で未来を信じて
飛び込もうと決めることです。

誰もが初めてのことは
怖いし、不安です。

でもその不安を
乗り越えることができると
新しい世界が待っています。

昨日とは違った世界を
楽しめる自分がそこにいます。

不安だ、、と仮に
足がすくんだとしても、
飛び越えたら
玄関先の水たまりです。

自分への”言い訳”を乗り越えて
決めたその先にある
ワクワクを信じて
勇気ある一歩を踏み出せる人が

結局

「変われる人」なんですよね。


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら