ブログ

人の心を動かすたった一つのもの

情報発信の内容に
正しさはいらない。

自分のうちなる表現に
そもそも正解なんてないものだから。

人の心を動かすものは
その人が目指す理念です。
理念とはありたい未来です。

根拠なんていらないわ。
さあ、想いのたけを
ぶつけよう。

今日の午前中は
お花が届きました♪
定期便をお願いしていましてね、
旬なお花を受け取りましたよ。

たくさん届くので
一つの花瓶に収まらず
どうアレンジしようか考えるとき、
楽しいです。

こちらはリビング用。
スイセンの花があったのが嬉しかったな。

尺が他のお花と合わなかったので
こちらだけ小さな花瓶にまとめて
玄関用にしました。

活けているうちに
花が落ちてしまい、
お皿に入れたら、まあ可愛い。
洗面所へ。

お花を活けるセンス、
磨きたいなと思って
私のインスタはお花だらけです(笑)

どんな花束が美しいかなと考えてみると
「調和」という言葉が降りてきました。

一つ一つ自立している花たちが
高め合って、一つの世界を作っている感じ。
相乗効果でしょうか。

おや..人間も同じだなと思いました。
自立したもの同士だからこそ奏でる
創造的な世界。
私も目指していきます。

さて、今日は情報発信について
お伝えします。

情報発信には軸が必要です。
それを理念と呼びます。

自分はどんな世界を目指しているのか。
どんな暮らしがしたいのか。
未来をどう描いているのか。

のびやかに表現してくださいね。

そんな未来が来るなんて
誰もわからない。
でも、いいんです。

その未来ってあってる?
正しさも、必要ありません。

人は自分が信じるありたい未来へ
歩み続ける姿に心を動かされるものだから。

2015年、
私はある方に出会いました。
その方は会社員だったのですが、
自分の目指す未来を発信していたんですね。

「数年以内に、
今の社会構造がガラリと変わる未来が来る。
だから今のうちに、情報発信をして
新しい働き方に移る基盤を作ろう」

そうおっしゃっていました。

当時、私はそんな未来が来るなんて
全くわからなかった。

でも、その方の熱意たるや。
私の心に響くものがありました。

その時、私は思いましたね。
そんな未来が来るかどうかはわからない。
例え来るとしても
数年後かもしれないし
10年後かもしれないし、
もしかしたら生きているうちじゃないかもしれない。

でもいいと思いました。
ついていこうと決めました。
その方から一緒にお仕事をするお話をいただいた時、
私は契約をしていた別の会社の仕事を全部断りました。
フルコミットしようと決めました。

正直、
「今の社会構造がガラリと変わる未来」は
こなくてもいいと思った。

今の時代、自分の信じる未来を信じ
リスクをとって行動を起こせる方は
稀有である。

そのあり方に心を動かされた私は
未知数の未来を目指して
情報発信をお伝えするお仕事を一緒に始めました。
今から5年前のことです。

2020年、
新型コロナがやってきて
「今の社会構造がガラリと変わる未来」が
やってきて本当にびっくりしています。

その方は福岡ともたけさん。
今でも大切なビジネスパートナーです。

人の心を動かすのは
正しさではないのですよ。

そこにどれだけの想いを
ぶつけているのか。
理念をどれだけの熱量で語っているのか。

可能性なんてどうでもいい。
信じる自分の未来へ歩む自分であるか。
人の心を動かすのは
理念であります。

さて、私の理念は
自分の人生を生きる女性、姫を
増やすことです。

そんな未来が来るなんてわからないわ。
でもいいの、
世の中の女性たち、特に子育てママが
本当の自分のありたい人生を歩むその日が来るために
今日自分ができることをするって決めた。

経済力を身につけて
いつでもお金を生み出せる女性たちだらけになり
家庭も社会も幸せで満たされる、
そんな未来を目指すと決めた。

証拠も根拠もありません。
それでいいんですよ。

使命給の世界を覗いてみませんか。無料メール講座にご登録ください。講座をお読みいただいている方限定のスペシャルな特典やプレゼントもご用意しております。

【無料メール講座】
時給から使命給へ。
生きる姿がお金になる働き方7つのステップ

◎このような方におすすめです

・ゆとりを持って暮らしたい方
・仕事も家庭も諦めたくない方
・お金は自分が決めた額を稼ぎたい方
・時間と場所にとらわれないで働きたい方
・子供に背中を見せられる生き方をしたい方
・今自分が大切にしたいものを大切にする暮らし方をしたい方
・リアルビジネスだけではなく、+αでオンラインで完結する収入源を手に入れたい方

圧倒的な幸せ感に包まれ、人生の自由度をあげましょう。使命給の世界でお待ちしております。

まずは詳細をご覧ください。
こちらから