大切なこと

学びを事故投資にしないための、たった一つのコツ

子育てママを、時給から存在給へ。
姫ism 星野紘子です。

その場を最高の状態に保ち、
参加してくださる方の能力スキルを
最大化するために、私は何をすべきか。

たくさんの人が参加する
セッションの司会進行、
ファシリテーターとして
どうあるべきなのか。

この問いを手に、
今、私はコーチングを学んでいます。

教えていただくのは
私に経営ビジネスを教えてくださった
師匠のコーチ、馬場真一さんです。
コーチング歴30年以上の大ベテラン。

馬場さんがどんな姿勢、あり方で
場に向き合っているのか。

その感覚センスを
インストールしたいと思い
受講しました。

今日は2回目の学びだったのですが、
私が感じたことをまとめました。

まず、ファシリテーター、
つまり中立の立場で
場の司会進行をする人の仕事は
グランド整備係だということです。

ミミズがたくさんいて
空気をたっぷりと含んだ土のように
ちゃんと手入れをして耕す。

耕された土だからこそ
どんな芽もでるし
花も咲く。

参加する方の能力スキルが
最大化できるかどうかは、
場の耕し具合にかかっていることを
学びました。

次に、自分自身が
場を信頼すること。

ただ何となく臨まない。
今日この日、この瞬間は
最高の場になると
自分が信じることだそうです。

結局ね、
質問のスキルとか
誰をどう順番に当てるのかとか
やり方ではなかったってこと。

ここでもあり方、
どこまでもあり方でした。

ところで、
何かを学びにいくときに
携えて欲しいものがあります。

それは参加動機です。

今回の私の場合は、
プロとしてのファシリテーターの
Bさんのあり方を
インストールするため。

ここがぶれてしまうと
ただ単に楽しい、面白い
ためになったで終わってしまい
事故投資になりかねない。

事故投資と自己投資の差は、
なぜここに自分が今あるのかを
自分で問いを立て、
携え続けられるかどうかにあります。

参加動機が明確ならば、
途中で予期せぬことがあっても
より大きな視点で
乗り越えることができるはず。

例えば、
最初は良かったけれど
途中何となく参加が億劫になったり、
誰かに何かを言われて
その場に参加しづらくなったりしても、

「あれ?そもそもなぜ私は
この場にいるのだったけ?」と
問うことができれば
また歩み出すことができますよね。

Whyに始まり、
Whyに終わる。
初志貫徹。

なるほど〜。
明日の打ち合わせ、
早速みんなのWhyを聞いてみよ。

=========

近くの神社の参道。緑の中の赤が印象的でした。暑い日差しがよく似合う。

神社の朱(あか)って綺麗じゃない?ちょっと朱色がかっていてオレンジでもなく、赤でもない落ち着く色。

写真を撮ろうと意識をすると、日常生活は綺麗な色に溢れていることに気がつきます。

これから姫ismの日常の暮らしを切り取って、少しずつお届けしていきますね。

馬場真一さんの無料メルマガ
「ど真ん中」通信
https://www.reservestock.jp/subscribe/14


【無料メールマガジンのご案内】

働き方から生き方を変え、圧倒的に豊かで自由な女性になりませんか?

収入源を自分でデザインできる生き方を目指しませんか。たった一度の人生、リハーサルなしの本番。だって最高に楽しく生きたいから!!

詳細はこちら